明和8年(1771)に、大島蓼太(りょうた)が芭蕉百回忌取越し追善のため、深川要津寺に芭蕉庵を再興した(学習院大学蔵)