July 23, 2010

巨人の花

Amorphophallus gigas(アモルフォファルス・ギガス)は3~4mにもなる世界最高の花です。Imgp0614

この植物はスマトラ島に固有の植物でコンニャクの仲間。だから咲くと臭い!
1日だけ匂いを発して虫を呼び寄せるそうなんですが、魚の干物のような匂いがしました。

国内では小石川植物園だけで開花しており、4年前にも1度開花しているそうです。
種を植えてから開花するまでに10年以上かかるらしいです。

コンニャクの仲間ですから、コンニャク芋が地中にあり、そこから葉が出て栄養をコンニャク芋に溜め、休眠。また、葉をだして栄養を溜める。と言うサイクルを繰り返し芋を大きくしていく。ある程度大きくなったら、花が咲く。それが10年以上かかる。

小石川植物園の球茎は70kgもあるそうです。
じゃあなきゃ、3m以上の花を支えられないですよね。

Gigas は巨人とか、巨大と言う意味。
Amorphophallusは不恰好な○○○ 花をみて想像してみてください

こらは2007年9月に開花したものです。

今、ニュースになっているのは『ショクダイオオコンニャウ』

というもので、この花とは少しちがいます。

ショクダイオオコンニャクは絶滅種。

16年もかかって、咲かせた花なので、一見の価値はあり。

しかし、異臭がすごいので、覚悟してご覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2010

シャクヤク

植え替えは秋。10月中旬までには終える。

1本立のボタンと違って、シャクヤクは数本伸びる。
7〜8本、伸びてきたら、株分けをする。

株分けしやすいように10センチぐらいに茎を切る。
鉢土を崩し、水で根を洗うと新芽が見える。
一つの株に新芽が3〜5個になるように分ける。
ハサミで切れ目を入れて、手で割く。

鉢は分けた株より少し大きめを選ぶ。

植え替えたら、ひなたで管理。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼたん

植え替えは秋。10月中旬までには終える。

ほとんどのボタンがシャクヤクの台木を使っています。
台木が土から出ていたら、植え替える。
ほおっておくと、そこからシャクヤクの芽が出てきてボタンが弱ってしまう。

水はけの良い環境を作る。
根鉢は崩さない。

台木の継ぎ目を3センチぐらい埋まるように土をかぶせる。

水をたっぷりあげたら、ひなたで管理。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

板橋区の花

板橋の志村の湿地に自生していたので『シムラニンジン』と名前がつきました。

都内では30年前に絶滅が報告され、全国でも絶滅危惧種となっています。

ニンジンといいますがセリ科で白い細かい花をつけます。 1.5mから2mぐらいの草丈でかなり高いです。

Img_4190_2

関東地方の河原や九州北部の高原地帯に生えるそうです。

赤塚植物園では、絶滅してしまったシムラニンジンを復活させようと、2000年に栃木県の渡良瀬遊水地と熊本県の阿蘇の2か所から種子をもらって、試行錯誤の結果、2002年に開花したそうです。

板橋区の花は『ニリンソウ』だけではないんですね。

区立赤塚植物園  板橋区赤塚5-17-4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2008

シコンノボタン

シコンノボタン
ノボタンより濃い紫なので、『シコンノボタン』と呼ばれるようになりました。
ノボタンはアジアを中心に自生していて、シコンノボタンは、ブラジル南部からアンデス山脈にかけて分布しているので、まったく違います。


別名は
『グローリー・ブッシュ(Glory bush)』
開花時は木が輝いて見えるから。

『ブラジリアン・スパイダー・フラワー』
雄しべが蜘蛛の足のように見えるところからつけられた。


一般的によく見掛けるのは『シコンノボタン』と『コートダジュール』と言う品種です。
他にも、花の色がピンクや白、全体的に小さいもの、葉が大きいものや斑入りのものなど、最近増えてきました。

『シコンノボタン』
茎が太く直立するタイプ。暖かい地域で庭植えにすると、どんどん大きくなり、5mぐらいになる。立派な木です。

『コートダジュール(紺碧海岸)』
紺碧の色に因んで付けられた品種名。
枝が軟らかいので、横に伸びたり、枝垂れたりする。

購入のポイント
葉の緑が濃い。
形がコンパクトにまとまっている。


買ってきたら大きな鉢に植え替えをする。水きれしやすいし、成長が早いから。
5号だったら、8号ぐらいの鉢にする。
弱酸性の用土を好む。
根はくずさないで植える

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2008

ご当地アイス

いよいよ秋のバラフェスタがあちこちで始まりました。

京成バラ園でも10月10日から11月16日まで開催しています。

先週はまだ、5割ぐらいの開花だったのでもうすぐ見ごろだと思いますよ。

春に比べて、咲く品種は少ないですが、それでもかなりの見ごたえがあります。

あと、今しか見れないのは『ローズヒップ』ですね、品種によって色々な形をしているので、一つ一つ観察していると、あっと言う間に時間がたってしまいます。

写真をとるのだったら、早朝がオススメ。

日にちは限られていますが、朝6時30分から開園しています。

日差しも柔らかいので、花の色が鮮やかに写りますね。

秋とは言え、汗ばむ陽気と、乾燥した空気で喉に潤いが欲しくなる。

今回は「パティオ」で『ローズソフト』を買って見ました。

なんとなく心配だったので、ミルクとのミックス350円

Img_6811

思ったとおり、化粧品を食べているような感じ。

ほんわかバラの香りがします。

今まで食べたアイス

わさび、お米、おせんべい、うめ、みそ・・・・

なんか、なんでもできちゃいそう。

他にもご当地アイスがあったら教えてください。

なるべく、美味しいやつで。

一番美味しかったのは牧場で食べた『ミルクソフト』

王道が一番美味しかった。

京成バラ園   千葉県八千代市大和田新田755

| | Comments (0) | TrackBack (2)

September 30, 2007

巨人の花

Amorphophallus gigas(アモルフォファルス・ギガス)は3~4mにもなる世界最高の花です。Imgp0614

この植物はスマトラ島に固有の植物でコンニャクの仲間。だから咲くと臭い!
1日だけ匂いを発して虫を呼び寄せるそうなんですが、魚の干物のような匂いがしました。

国内では小石川植物園だけで開花しており、4年前にも1度開花しているそうです。
種を植えてから開花するまでに10年以上かかるらしいです。

コンニャクの仲間ですから、コンニャク芋が地中にあり、そこから葉が出て栄養をコンニャク芋に溜め、休眠。また、葉をだして栄養を溜める。と言うサイクルを繰り返し芋を大きくしていく。ある程度大きくなったら、花が咲く。それが10年以上かかる。

小石川植物園の球茎は70kgもあるそうです。
じゃあなきゃ、3m以上の花を支えられないですよね。

Gigas は巨人とか、巨大と言う意味。
Amorphophallusは不恰好な○○○ 花をみて想像してみてください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2007

ヒガンバナ

お彼岸の時に咲くので、彼岸花。
球根から細長い茎が伸びてきて花を咲かせます。Higanbana

花が終わると葉っぱが伸びてきて、翌春になると枯れます。
また秋になると花が咲きます。

種は出来ません。
株分けで増やしていきます。繁殖力が旺盛なので、すぐに増えます。

彼岸花の遺伝子はみんな一緒らしいんです。
昔、中国からやってきた1本の彼岸花が人の手で株分けされ、あちらこちらに植えられたのが今にいたっているらしいですよ。

株分けの際は、直接素手で触らないほうがいいですよ。
強い毒性のアルカロイドを持っていますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2007

バラの実

バラの実
台風も去ったので、避難していた植木を元に戻す。

ついでに手入れをする。

花をたくさん咲かせるために小まめに花がら摘みをしていたつもりなのですが、ミニバラに実かなっていました。

これはこれでかわいいので、赤くなった実を飾ったり、ローズヒップはジャムやお茶にしたりしますね。
お肌にいいらしいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

りんどう

今日はお月見なので、お供えに花を買ってみました。
071000
濃い青紫のりんどう。秋色ですね。
りんどうは漢字で書くと竜胆。りゅうたんです。竜胆は竜のきもではなく、クマのきものことですね。
中国のりんどうは漢方薬として使われ、それがすご~~~~く苦いらしいんですって。クマのきものようににがいので竜胆。りゅうたんがなまってりんどう。
りゅうたん→りんたん→りんどん→りんどう???

お団子を買うの忘れた (→o←)ゞあちゃー

| | Comments (0) | TrackBack (0)