July 10, 2010

増上寺の七夕

増上寺は徳川家の菩提寺なので、近くに行ったときは参詣をします。

ここには2秀忠6家宣7家継9家重12家慶14家茂6人の将軍のお墓があります。

残りの将軍は上野寛永寺に眠っています。

戦災で壮麗な廟堂は焼失してしまったらしいですが。

7月1日~7日は七夕まつりを行なっています。

多分、一昨年ぐらいから初めたんじゃないでしょうか、去年も短冊が飾ってありましたから。

4日にはコンサートなどのイベントも行なわれ、大変賑やかです。

東京タワーでも七夕イベントを行なっているので、展望台でカクテルを飲むのも、デートコースにオススメbar

昔、住んでいた家には小さな庭があって、そこに2ⅿ以上あろうかと思われる笹を物干しに立てかけた記憶があります。

子供のころだったからか、見上げるくらい大きな笹で、小さな庭いっぱいに笹の葉が広がり、色とりどりの紙で飾りつけしました。

近所の子供も集まって、飾りつけが終わるとみんなで縁側で麦茶やお菓子を食べ、笹を見上げながらお願い事をしていましたね。

『お願い』をすれば『叶う』と思っていた純真なころの話です。

人間、思い込みで90動くらしいですから、『お願い』が『叶う』のはあながちウソではないかも。

強く思うことが肝心?

ブログネタ: 3つだけ望みが叶うとしたら、何を願う?参加数拍手

Img_7023

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2009

ヴェルニー記念公園

『バラ観察の旅』
今日は横須賀のヴェルニー記念公園に来ました。
7536s

横浜の隣かと思っていたら、遠い遠~い
横浜に来たついでに、行こうかなぁ。なんて軽く思ったのが大間違い!
小降りだった雨も強く降り出し、風も強くって台風のよう。
5月なのに、もう台風typhoon?海が近いからwave
なかなか着かないし、泣きながら運転しましたよ。rvcar


やっと着いてみると、雨のせいか閑散としていました。
人が少ないと、写真が取りやすいのですが、
ここは海辺の公園なので、風が強く、ピントを合わせるのが大変。
cameraシャッターを押したら、フレームから外れていたり。

バラも3分咲きぐらいだったので、写真をとるのは断念。


取り敢えず、ヴェルニーさんの銅像を見て返ることに。
おや。
隣に小栗上野介さんが。

幕末に勘定奉行の他に、外国奉行もやっていて、横須賀製鉄所(造船所)建設を推進したんですね。
ヴェルニーさんはランス人の造船技師で、横須賀製鉄所(造船所)建設の責任者として1865年来日。ship明治維新後も引き続きその建設と運営を任されていました。
7505
7506

小栗上野介さんはフランス語学校を設立したりもしていたんですね。
徳川幕府の財産を隠していただけではなかったんですね。dollar
一時、『徳川埋蔵金伝説』で盛り上がっていましたけど。

個人的には、『ジャパンドリーム』好きですけど、
8代将軍吉宗の時代には家康の蓄えた財産はなくなっていたんじゃないかと思っているんですよ。

お金があったら、朝廷も買収できるし、諸外国も幕府の味方になるでしょ。
あと、50年ぐらいは徳川幕府は続いて、維新は幕府によっておこなわれ近代化の一歩を踏み出したんじゃないかなぁ。


公園内にはヴェルニー記念館があって、資料の展示などしているので、寄ってみるのもいいですよ。
館内で、『ヴェルニー公園バラ図鑑』eyeの貸し出しもしてくれます。
ボランティアの方々が手入れをしていて、今では100種類ぐらい植えられていますから、『バラ図鑑』があると便利かも。

あと、ここの土って黒いんですよね。
すごい気になって。なにか特別な土なのかなぁ。
例えば、塩分が多い場所でも元気に育つ土。とか。bud


ヴェルニー公園  神奈川県横須賀市汐入町1-1 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2009

梅林坂

梅林坂は江戸城内にある梅の名所です。
本丸と二の丸を結ぶ坂で、坂を上りきると大奥の通用口がありました。

坂の由来は太田道灌公が、菅原道真公の霊夢を見て、今の梅林坂上に天満宮を勧請し数百株の梅を植えたことによります。
秀吉の時代、江戸城の本丸造営にあたり、平川天満宮は現在の千代田区平河町に移しました。そこから平河町の地名が生まれました。
1640


現在では、坂の上から下まで約50本余りの梅の木が植えられています。江戸時代は玉石敷きの雁木坂だったそうでうが、いまでは舗装され、面影はありません。
草履で玉砂利、おまけに急な坂では歩きにくかったでしょうね。雨の日なんかすべって大変。
城内で駕籠に乗れる人は限られていますからね。
梅を愛でながらゆっくり歩いたんでしょうかねぇ。

梅は2月中旬が見ごろです。
1月終りに見に行ったときはまだ、3分咲きぐらい。凍える手で写真を撮りました。
Img_0308

梅もいいのですが、石垣もオススメ ヽ(´▽`)/
梅と石垣のコラボもなかなかオツなものですよ。
ここの石垣は古いんじゃないでしょうか。修築したとはどこにも書いてありませんでした。

石垣に詳しい人がいたら教えてください。(*´v゚*)ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2008

近藤勇の墓に桜散る

JR板橋駅前は桜が満開です。

この町が他の町と違うのは、『近藤勇のお墓』があることです。

特に、4月25日は命日でもありますから、遠路、新撰組ファン、近藤勇ファンがお参りにきます。

Img_0073_2

慶応4年(1868425日、新撰組組長であった近藤勇は、中仙道板橋宿手前の平尾一里塚付近に設けられた刑場で官軍により斬首処刑された。その後、首級は京都に送られ胴体は刑場よりすこし離れたこの場所に埋葬された。

没後の明治9年(18765月に隊士の一人であり近藤に私淑していた永倉(本名長倉)新八が発起人となり旧幕府御典医である松本順の協力を得て供養塔を造立。

供養塔の正面には「近藤勇宣昌(昌宣) 土方都歳三義豊 之墓」と刻まれており、側面には110名の隊士の名前が刻まれている。

Img_0075

近藤勇の人間性が伺えるような3.6mという大きな墓碑に薄ピンクの桜の花びらが舞っていました。

享年35歳。

誰しもが日本の未来のために、命を掛けた時代だったんですかね。

今の日本に命を掛ける人なんっているんでしょうか。

幕末は苦手なので、北区教育委員会の説明に書き加えることはありません。

登場人物が多いし、殺されたりして入れ替えが激しいし、『血、汗、泥』というイメージがあってね、好きになれない(ノ・_)‥‥…

江戸検で幕末がでたら、諦めるしかないね。あと地図。

525日には滝野川『新撰組まつり』を行ないます。(^o^ )

隊士のコスプレをしてパレードをするイベントがあるそうで、参加者を募集していました。

新撰組ファンのかたは参加してみたらどうでしょう。゚・:,。★\(^-^ )

近藤勇と新撰組隊士供養塔  

  東京都北区指定有形文化財

真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺  土方歳三の菩提寺

日野宿本陣 新撰組最大の支援者佐藤彦五郎の旧邸

佐藤彦五郎新撰組資料館

新選組六番隊隊長 井上源三郎資料館

石田寺   土方歳三の墓

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

なくなる名前

7月1日から「カネボウ」は「クラシエ」に社名変更します。
明治から受け継がれてきた歴史ある名前が消えるのは寂しいですが、これから新しい歴史を作っていってほしいと思います。
「クラシエ」とは「暮らしへ」と言う意味でより消費者側に立った経営をしていくらしいです。
「カネボウ」ももとは「鐘淵紡績(かねがふちぼうせき)」の略で鐘ヶ淵の紡績工場だからです。
0001

鐘ヶ淵は墨田区の隅田川と綾瀬川のぶつかる辺りになのですが、今では駅名に残るのみです。芝居にもなっている「沈鐘伝説」の舞台です。
川に沈んだ鐘はどこの寺の鐘だ、あそこの寺の鐘だ、と江戸の昔から諸説あり、8代将軍吉宗は引き上げようと、家来に命じたが、川に潜ってみると鐘の辺りから少女が現れて「この鐘は渡せない」と言うと家来は諦めてた。少女は「それではあなたの顔が立たないから」と言って、水面近くまで鐘を浮かばせた、竜頭が見えた辺りでまた沈んでしまったため、将軍はあともう少しだったのにと残念がったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2007

天下まつり

6月7~17日まで赤坂の日枝神社で山王まつりをやっていました。
江戸時代から有名なお祭りで、江戸城内を練り歩き将軍様も上覧したことから、「天下まつり」として、江戸町民に親しまれていました。
神田の明神さんと1年おきに行なわれ、今年の山王さんはお神輿はでません。
Imgp9770
境内には「茅の輪(ちのわ)」があり、今までの罪や穢れを祓い、これからの暑い夏を無事に過ごせるように、左、右、左と8の字を書くように潜り、清めます。
9日には稚児行列があり、お稚児さんが茅の輪を潜ります。6才までのちびっ子だったら事前の申し込みで、誰でも参加できるみたいです。

お参りをすませ、毛氈を敷いた縁台でお饅頭とお茶を頂いて、ちょっと休憩。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2007

箭弓稲荷神社

字のごとく、弓に関する神さまです。
平安時代、下総の国が反乱を起こしたため、朝廷は武将源頼信を追討の任に当たらせた。
野久ヶ原に本陣を張り、頼信が野久稲荷神社に戦勝祈願をしたところ、夜明けの空に矢の形をした白雲が現れた。頼信は「これぞ神のご加護!」と奮いたち勝利した。Imgp8756

野久稲荷に戦勝報告を済ませ、ご社殿の建て替えを寄進するとともに、野久稲荷を箭弓稲荷と改めさせた。
弓に纏わる神さまだけあって、松山城主、川越城主などから信仰され、江戸からも多くのひとが参拝に来た。

川越ぐらいなら近いけれど、江戸からはかなり遠かった。
池袋から東武東上線に乗って急行で53分。東松山までは遠かった。
しかも、準急に乗ってしまい、「まぁ、いっか」と思ったら『川越市止まり』
「行かないじゃん!」乗り換えて70分もかかって、やっと着いた。
駅からはすぐだったのだけれど、神社の隣には駐車場があって、車で行けばよかった。電車は難しいよ(ノ_-。)Imgp8789


ぼたんの花で有名なのですが、半分は散ってしまっていて残念。
しかし、藤棚はこれからが見時。
4本のふじが棚のコーナーにあり、それぞれ開花時期が違うので長く楽しめそうです。

ぼたん祭りの期間中、神楽殿で催しも行なわれていて、この日は『芸能共演舞踊大会』Imgp8793

日ごろの練習の成果を披露していました。
ちょっと、横溝正史や寺山修二の世界にトリップしてしまった。
ここは、芸事の神さまでもあって、7代目市川団十郎が祠を奉納したそうですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

大名庭園の桜

芝離宮は大きな池のある回遊式泉水庭園です。その池の辺に、1本だけ離れて満開に咲いている桜があります。
池と桜のバランスが日本的に思え、空間のとりかたがゆったりしていて、贅沢を感じます。
奥に行くと、桜が林立しているので、にぎやかな方が好きな人は途中で帰らずに奥まで散歩してください。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、サトザクラ、ヤマザクラなど見れます。
Imgp8196

入園料が150円かかるのですが、お昼になるとサラリーマンなどが昼寝をしに集まってきます。ベンチでボーっとしたり、芝生で寝たり、気持ちよさそうです。緑もあるし、水もあるし、リフレッシュできそうですね。
入園料をケチりたい人は、浜松町駅の東芝ビルの出口にある遊歩道がお勧め。
ガラス張りのコーナーには簡単なベンチがあって、庭園を上から眺められます。そんなに大きくない庭園なので、一望できます。

昔、海だったところを江戸時代初期に埋め立て、大久保忠朝が上屋敷を建てました。
この庭園は「楽寿園」と呼ばれ、池には海水を引き入れ、中国の西湖を模しています。また、仙人が住んでいるといわれる蓬莱山の石組みが蓬莱島にあります。
そう言われると、中国の山水画っぽい感じもありますね。
幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となったそうです。

大名庭園に相応しく、弓道場もあります。1時間140円と安いので驚き。
ただ、指導員も居らず、道具も自分で持ってこなければいけないそうです。

旧芝離宮恩賜庭園 東京都港区海岸1-4-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

江戸の花見の名所

鎌倉時代末、豊島佐衛門が紀州熊野の飛鳥明神と若一王子社を遷したところから、飛鳥山と呼ばれるようになった。
紀州といえば、暴れん坊将軍「吉宗」の故郷。吉宗は紀州と縁のあるこの地が気に入ったらしく、享保五年(1720)から翌年にかけて1270本の山桜の苗木を植裁した。
また、石神井川も紀州にある音無川と名前を変えてしまうほど望郷の念が強かったのかなぁ。紀州の人が北区滝野川辺りを散策したら、故郷と同じ地名を幾つも発見できるんじゃないかなぁ。

吉宗は享保の改革をした人で、「改革には痛みを生じる」?どっかで聞いたような・・・・
質素倹約、奢侈禁止など締め付けで江戸っ子の不満は溜まっちゃうわけだ。
当時、花見といえば上野の寛永寺など神社仏閣で騒ぐことはできなかった。そこで、暴れん坊将軍は羽目を外してもOKの花見を飛鳥山に作ったんだって。ここで不満を爆発させてくれ!ってことなんでしょうね。

秋には紅葉狩りが出来るように、もみじも植えたそうなんですが、今では影を潜めてしまった。
「花見」「蓮見」「月見」「紅葉狩り」「雪見」江戸っ子はそれぞれの四季を楽しんだようですね。
Imgp5722

子供の頃、飛鳥山で遊んだときには木が生い茂った山だったような気がしたんだけれど、こう見てみると平坦ですね。山とは名ばかりの丘、ちょっとした盛り上がりです。初めての人は「どこ?どこ?」と探してしまうかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2006

湯島の梅まつり

天神様といえば梅ですね。
『東風吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ』
菅原道真公が太宰府に左遷される時、自宅の紅梅殿で詠んだ歌ですね。
梅の木が道真公を慕って一夜のうちに太宰府に飛来したそうですよ。

道真公の無念さや悲しさ、梅の精の思いなど想像して、ちょっとロマンティックな気分で湯島天神に梅を見に行ったのですが。。。。
__imgp5475
__imgp5494

3月8日まで梅祭りをしていて、出店や猿回しとか、かなり賑やかでした。平日にも関わらず、見物人もたくさんいて写真を撮るのに一苦労。境内もそう広くはないので、ゆっくり梅を見たい人は時期ずらした方がいいかも。
今は8分咲きぐらいだったので、もうしばらくは楽しめそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧