« June 2010 | Main | August 2010 »

July 23, 2010

巨人の花

Amorphophallus gigas(アモルフォファルス・ギガス)は3~4mにもなる世界最高の花です。Imgp0614

この植物はスマトラ島に固有の植物でコンニャクの仲間。だから咲くと臭い!
1日だけ匂いを発して虫を呼び寄せるそうなんですが、魚の干物のような匂いがしました。

国内では小石川植物園だけで開花しており、4年前にも1度開花しているそうです。
種を植えてから開花するまでに10年以上かかるらしいです。

コンニャクの仲間ですから、コンニャク芋が地中にあり、そこから葉が出て栄養をコンニャク芋に溜め、休眠。また、葉をだして栄養を溜める。と言うサイクルを繰り返し芋を大きくしていく。ある程度大きくなったら、花が咲く。それが10年以上かかる。

小石川植物園の球茎は70kgもあるそうです。
じゃあなきゃ、3m以上の花を支えられないですよね。

Gigas は巨人とか、巨大と言う意味。
Amorphophallusは不恰好な○○○ 花をみて想像してみてください

こらは2007年9月に開花したものです。

今、ニュースになっているのは『ショクダイオオコンニャウ』

というもので、この花とは少しちがいます。

ショクダイオオコンニャクは絶滅種。

16年もかかって、咲かせた花なので、一見の価値はあり。

しかし、異臭がすごいので、覚悟してご覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2010

マザー牧場のおみやげ

マザー牧場のおみやげ
『牛乳パイ』いただきました。ありがとう(^O^)/

マザー牧場といえば、うし、ひつじ。

そして、バンジー(^Q^)/^
高所恐怖症の私には信じられない!

上級になると後ろ向きで飛ぶんだって。
どっちにしても怖いよ。

その前にジャンプ台に上るのが無理( ̄□ ̄;)!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2010

カレーにはキャベツの千切り

築地カレー
築地と地名がついていますが、お店は浜松町駅から30歩の『青柚子』

築地カレーはランチのみ。夜は築地から仕入れてきた新鮮魚介類を食べさせてくれます。

ご当地カレーが多い中、築地カレーの特長はキャベツの千切り。
ご飯の上にキャベツの千切りが乗っかって、その上にカレーがかかっています。
忙しい築地のおじさんたちがやりはじめた食べ方みたいですね。

『青柚子』では野菜をペースト状にして煮込んでいるのか、野菜の形はなく、とろみがあります。
そこにチキンがゴロゴロ。カレーは若干辛めなのですが、キャベツの千切りが辛さを感じさせないですね。
香辛料も特長があって、後味が爽やか。

キャベツ好きとしてはもっとキャベツがあってもよかった。

本日のランチ 築地カレー 500円

ブログネタ: カレーといえば?参加数拍手

| | Comments (0) | TrackBack (0)

都内で2番目に古い焼肉屋

『まんぷく苑』は「シルシル ミシル」で都内で2番目に古い焼肉屋として紹介されました。

創業は1950年。

まだ、戦後のごたごたしていた時代ですね。

どうりで、前のお店は昭和の香りプンプンしている下町のお店だった。

確か、銭湯の前あたりだったかなぁ。

cmanpuk

『まんぷく』は、何十年前初めてタン塩を食べたお店です。
お肉を積極的に食べるほうではないので、タン塩デビューは遅かったかも。

と思ったのですが、タン塩を始めたのは『まんぷく苑』らしいので、結構デビューは早かったのかも。

当時はまだ区画整理前で汚いお店だった。

ビールなんかも自分で出して、お会計の時に申告するの。

知らないおじちゃんに「ねぇちゃん、ビールとってぇ~~」冷蔵庫の近くに座ると頼まれたりして、取ってあげると奢ってもらったり。

けむりの中で、唾をとばしながら議論している人とか、笑い飛ばしている人、落ち込んだ同僚を慰めている人。

あの、煤けた汚い小さな店の中はドラマでいっぱいだった。

焼肉も美味しかったけれど、ほかのことも味わいに行ってたのかも知れない。

クレイジー・ケン・バンドの「けむり」を聞いて思い出した懐かしい店でした。

今はキレイな店になって、ビルの一角に店を構えている。

味は変わっていないと思うけど、それ以外のプラスαがなくなってしまって寂しい。

その代わり思い出のエッセンスが加わった。

ブログネタ: 肉と魚、どっちが好き?参加数拍手

| | Comments (0) | TrackBack (0)

増上寺の七夕

増上寺は徳川家の菩提寺なので、近くに行ったときは参詣をします。

ここには2秀忠6家宣7家継9家重12家慶14家茂6人の将軍のお墓があります。

残りの将軍は上野寛永寺に眠っています。

戦災で壮麗な廟堂は焼失してしまったらしいですが。

7月1日~7日は七夕まつりを行なっています。

多分、一昨年ぐらいから初めたんじゃないでしょうか、去年も短冊が飾ってありましたから。

4日にはコンサートなどのイベントも行なわれ、大変賑やかです。

東京タワーでも七夕イベントを行なっているので、展望台でカクテルを飲むのも、デートコースにオススメbar

昔、住んでいた家には小さな庭があって、そこに2ⅿ以上あろうかと思われる笹を物干しに立てかけた記憶があります。

子供のころだったからか、見上げるくらい大きな笹で、小さな庭いっぱいに笹の葉が広がり、色とりどりの紙で飾りつけしました。

近所の子供も集まって、飾りつけが終わるとみんなで縁側で麦茶やお菓子を食べ、笹を見上げながらお願い事をしていましたね。

『お願い』をすれば『叶う』と思っていた純真なころの話です。

人間、思い込みで90動くらしいですから、『お願い』が『叶う』のはあながちウソではないかも。

強く思うことが肝心?

ブログネタ: 3つだけ望みが叶うとしたら、何を願う?参加数拍手

Img_7023

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2010

夏の花、ハイビスカス

常夏のイメージなのに、実は、真夏の直射日光が苦手。

15〜25度が生育適温。次々に花が咲来ます。

しかし、寒くもないのに、葉が黄色くなって落ちたら、要注意!

ふざけんなよ!あち〜んだょ( ̄□ ̄;)!!

と、ハイビスカスが言っていると思ってください。

夏の管理は朝、日が当たる東側などがベスト。

まったく日陰だと、花付きが悪くなってしまいます。

水遣りは、基本土か乾いたらたっぷりあげる。

夏は朝夕、2回あげるといいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »