« 『ダーリンは外国人』試写会 | Main | 国際バラとガーデニングショー2010 »

May 04, 2010

サルビア

『サルビア』と言う人と『セージ』と言う人がいますが、どちらも正解\(^O^)/
サルビアは学名でセージは英名なのでどちらも同じものを指しています。

サルビア・ウリギノーサ(ボックセージ)
ボックとは『沼地』という意味。沼地のような水はけの悪いところでも育っ。

サルビア・カマエドリオイデス。葉が小さく白っぽい。

サルビア・ストリアタ
花色がオレンジ。夏の暑さに強い。

サルビア・ブキャナーニ
花弁に産毛がみっしり生えている。葉には光沢がある
サルビア・スプレンデンス‘バンヒューテ’
ワインレッドの花
赤くなっているところは花ではなく、がく
背が高くボリューム感がある。

サルビア・スプレンデンス‘あやのピーチ’
うすいピーチ色

サルビア・アピアナ(ホワイトセージ)
葉が白い。すうーっとした香りもある

サルビア・ディスコロール
葉の面は緑、裏は白。黒紫の花が咲く。

サルビア・リラータ‘パープルボルケーノ’
葉が紫

チェリーセージ
原種のサルビア・フレッキー、ミクロフィラ、それら両種を掛け合わせたキアメンシス、それら3種類の総称
花の色も多く、暑さ、寒さに強くとても育てやすい。
切り戻しは半分ぐらいに切り戻しをする。
10月以降に切ると寒さで切り口が傷むことがある

植えかえるときは、根鉢をかるく崩す。
鉢は一回り大きいものに植える。

|

« 『ダーリンは外国人』試写会 | Main | 国際バラとガーデニングショー2010 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サルビア:

« 『ダーリンは外国人』試写会 | Main | 国際バラとガーデニングショー2010 »