« April 2010 | Main | June 2010 »

May 20, 2010

国際バラとガーデニングショー2010

今年のテーマは『ピーターラビットの庭仕事』

そのせいか、野菜と草花、バラをアレンジしたお庭が多かったですね。

あと、ブタやアヒルなどの動物のオブジェ。

メルヘンチックになっていました。

Negi

おりしも、野菜作りがブームになっている昨今ですから、おしゃれな自家農園の参考になったんじゃないでしょうか。

うちは無理。ベランダ農園だから狭い狭い。

その狭い農園に大きなシンボルツリーのダチューラが脅威の成長を見せていて、剪定する度に大きくなる。

軒下に吊るしてあったミニバラのリトル・アーチストを風が強いので農園に置いたら喜んじゃって(喜んでいるように見えるの)いつもより多く花をつけちゃうしね。

そこに、ダイコンやらキャベツやらの大物を無理やり置き、これからの収穫に向けて、夏野菜のトマトやオクラがどんどん成長するから、ガーデンデザインなんってあったもんじゃない。

誰も見ないしね。まぁ、いいっか。

ばらフェスティバル情報

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2010

サルビア

『サルビア』と言う人と『セージ』と言う人がいますが、どちらも正解\(^O^)/
サルビアは学名でセージは英名なのでどちらも同じものを指しています。

サルビア・ウリギノーサ(ボックセージ)
ボックとは『沼地』という意味。沼地のような水はけの悪いところでも育っ。

サルビア・カマエドリオイデス。葉が小さく白っぽい。

サルビア・ストリアタ
花色がオレンジ。夏の暑さに強い。

サルビア・ブキャナーニ
花弁に産毛がみっしり生えている。葉には光沢がある
サルビア・スプレンデンス‘バンヒューテ’
ワインレッドの花
赤くなっているところは花ではなく、がく
背が高くボリューム感がある。

サルビア・スプレンデンス‘あやのピーチ’
うすいピーチ色

サルビア・アピアナ(ホワイトセージ)
葉が白い。すうーっとした香りもある

サルビア・ディスコロール
葉の面は緑、裏は白。黒紫の花が咲く。

サルビア・リラータ‘パープルボルケーノ’
葉が紫

チェリーセージ
原種のサルビア・フレッキー、ミクロフィラ、それら両種を掛け合わせたキアメンシス、それら3種類の総称
花の色も多く、暑さ、寒さに強くとても育てやすい。
切り戻しは半分ぐらいに切り戻しをする。
10月以降に切ると寒さで切り口が傷むことがある

植えかえるときは、根鉢をかるく崩す。
鉢は一回り大きいものに植える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »