« 耳かきは止められない | Main | 虎の衣かる小僧 »

January 12, 2010

山茶花

サザンカの原種は白の一重。大きくなると7〜10メートルになる。
原産は四国から九州にかけて。

つばきは万葉集にでてくる。
サザンかは元禄、17世紀の貝原益軒『花譜かふ』1694年にでてきて文献の登場は遅い。
『増補地錦抄(ぞうほうじきんしょう)』1710年に50種類でてくる。

サザンカ群
開花期が早く10月から12月。原種のサザンかに近い。一重から二重。木立性御所車。香りがいい
快童丸(かいどうまる)など

かんつばき群
11月から3月。八重が多い。枝が横に広がる
想夫恋(そうふれん)
四国紅(しこくべに)

ハルサザンカ群
つばきとサザンカの種間交雑種。12月から4月。どちらかといえば、つばきの性質がでている。
鎌倉絞り

椿とサザンカの違い
つばきは北海道以外に自生。新しい枝には産毛がない。

サザンカは寒さが少し苦手。日本の南に自生。
新しい枝先にはに産毛がある。

サザンカの育て方
鉢は一回りか二間回りおおきいものを選ぶ。
植え替えは3月。根は崩さない。
肥料は春と秋

花が終わってから剪定。
6月には花芽ができるので4月上旬には剪定を終わらす。
サザンかは剪定しても芽がでやすい。

|

« 耳かきは止められない | Main | 虎の衣かる小僧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山茶花:

« 耳かきは止められない | Main | 虎の衣かる小僧 »