« 手のりたま | Main | 貧乏時代、ウコギを食べる »

June 19, 2009

ニワセキショウ

庭石菖  シシリンチウム Sisyrinchium atlanticum
アヤメ科ニワゼキショウ(シシリンキューム)属 耐寒性多年草
別名:南京文目(なんきんあやめ)
原産地:北アメリカ 帰化植物 
花色:白、紫、黄色など 花径:1cm 草丈:10~15cm
Img_3958


今の時期、芝地などに小さな花を咲かせています。
芝生に寝っころがったりすると、白い花と目が合ったりします。
お天気の日の午前中に見つけることができますよ。

1日花なので、明日はもうしぼんでしまいます。
しかし、こぼれ種で繁殖し、日当たりさえよければどんどん増えるので1つ見つけると、「ここにも、あそこにも」と見つけられます。

明治時代に観賞用として輸入されたのですが、もう雑草扱いですね。

小さいけれど、セキショウに似ているので「ニワセキショウ」だそうです。

園芸種は『シシリンチウム』の名でも販売しているみたいですね。


|

« 手のりたま | Main | 貧乏時代、ウコギを食べる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニワセキショウ:

« 手のりたま | Main | 貧乏時代、ウコギを食べる »