« May 2009 | Main | July 2009 »

June 23, 2009

夏至はキャンドルナイト

電気を消そう!

東京タワーはフライング気味に消灯
ロマンチックにレインボーブリッジを見ていたら、ブチッ
東京ミッドタウンでも、「おつ!停電?」


「100万人のキャンドルナイト」を始める前から「電気はいかん!」と言っていたのは水木しげる氏
「電気が煌々と点いている所には妖怪が出にくい。妖怪の住む場所が無くなってしまう」

なるほど明るいところに妖怪は似合わないよね。
妖怪が住めるところが地球にやさしい環境なのかな。

増上寺で揺れるキャンドル(ロウソクではありません)の揺れる炎を見ていると、妖怪が後ろに立っているような気がします。
ロウソクだと幽霊かな。どちらにしても怖い。

水木先生の「ゲゲゲの鬼太郎」は目出度く40歳をむかえました。
これを記念して記念貨幣が売り出されます。

英連邦ツバル政府発行で、鬼太郎の絵と水木先生のサイン入りの正真正銘の法定貨幣。プルーフコインです。
裏にはエリザベス2世の肖像が刻まれています。

‘ツバル’って、何年後には水没してしまうじゃないかと言われて、温暖化の影響が真っ先に現れる島ですよね。イギリス領だったんだ。


貨幣は100ドル金貨(純金(.9999)1オンス)と5ドル銀貨(純銀(.999)5オンス)の2種類を観音開きのお厨子に入れてある凝りよう。
I・E・I社の独占販売だそうです。
金貨は248,000円 限定500枚
銀貨は59,800円 限定5000枚


この記念貨幣の売上げの一部はツバルの国家財政に貢献し、環境対策に役立てられるそうです。
ツバルのほうが妖怪が住んでいそうですもんね。
5089


東京の妖怪の棲家、深大寺門前「鬼太郎茶屋」に行ってきました。
妖怪にはそう興味がなく(ここまできて言うかッ)なにも買わずに、「一休」で早めのお昼。お蕎麦を食べ、神代植物園を夕方まで散策。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2009

父の日にはバラ?

父の日にはバラを送るって、知っていました?(・o・;)

カーネーションがあるんだから、バラがあってもおかしくはないんだけれど・・・・・照れますなぁ(ノ ̄▽ ̄)

父の日もアメリカからやってきました。
母の日があるんなら父の日も作ってよ。
ドット夫人が男手で6人もの子供を育てた父親に感謝して牧師協会に嘆願しました。

1916年、『父の日』が認知されるようになりました。
1972年、国民の祝日として制定されたそうです。

そのドット夫人が父の墓前に白いバラの花を供えたので、亡くなった父親には白いバラ、健在な父親には赤いバラの花を贈る習慣ができたそうです。

赤いバラなんて彼氏にだって恥ずかしくってプレゼントできないよ c(>ω<)ゞ 

日本では黄色いリボンをかけてプレゼントをするそうです。
知らなかった。

「黄色いリボン」は「愛する人の無事を願うもの」という意味があり、イギリスでは黄色は「身を守る色」だそうです。

日本ファーザーズ・デイ委員会では1982年 から『父の日黄色いリボンキャンペーン』開催。 「黄色いリボンでお父さんに贈り物をしましょう」 「親のいない子に愛の手を」を柱として展開。
毎年、『ベスト・ファーザー賞』を発表しているところですね。
『ベスト・ファーザー賞』の正式名称は『ベスト・ファーザー イエローリボン賞』
2009年度の受賞者は『つるの剛士』さんでしたね。
ワイドショーでやっていたから記憶に新しいんじゃないでしょうか。

黄色いリボンも世間的に浸透しているんでしょうかね?
バラよりは贈りやすいけれど・・・・

確かに今はバラの旬だから切花だけでなく鉢植えも園芸店に出回っています。
地植えのものは2番花が咲き始めていますしね。
6051

県立フラワーセンター大船植物園では2番花が咲き誇っています。
2番花は数が少なくなるので、どうかなぁと思ったのですが、見ごたえがありました。
原種系や早咲きのものはもう終わっていますが、当園でしか見られない?神奈川県のばら‘ブライダル ソニア’‘ラブ ユー’‘ラブ ミー テンダー’などが咲いていました。

他に、あじさい、花菖蒲、すいれんが満開です。

県立フラワーセンター大船植物園 神奈川県鎌倉市岡本1018

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貧乏時代、ウコギを食べる

関ケ原の戦い後、上杉家は会津120万石から米沢30万石に転封
いきなり貧乏になっちゃった

減俸になってもついてくるという家臣をリストラすることもなかったので、かなり大変だったみたい。

直江兼続は垣根にウコギを使うことを奨励
ウコギは胃を丈夫にする効能があり、おひたしなどなして食べていたらしいです。

垣根にしたら食べ放題ですよ。
苦そうですけれど(^_-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2009

ニワセキショウ

庭石菖  シシリンチウム Sisyrinchium atlanticum
アヤメ科ニワゼキショウ(シシリンキューム)属 耐寒性多年草
別名:南京文目(なんきんあやめ)
原産地:北アメリカ 帰化植物 
花色:白、紫、黄色など 花径:1cm 草丈:10~15cm
Img_3958


今の時期、芝地などに小さな花を咲かせています。
芝生に寝っころがったりすると、白い花と目が合ったりします。
お天気の日の午前中に見つけることができますよ。

1日花なので、明日はもうしぼんでしまいます。
しかし、こぼれ種で繁殖し、日当たりさえよければどんどん増えるので1つ見つけると、「ここにも、あそこにも」と見つけられます。

明治時代に観賞用として輸入されたのですが、もう雑草扱いですね。

小さいけれど、セキショウに似ているので「ニワセキショウ」だそうです。

園芸種は『シシリンチウム』の名でも販売しているみたいですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2009

手のりたま

手のりたま
白いご飯が苦手なので、ふりかけは必需品!

山盛りかけて、ご飯とは混ぜずに、ぱくり。
サクサクした食感を楽しみながら食べます。

ふりかけは子供とお母さんには人気があるんだけれど、20代30代にはサッパリ売れないらしい。

そこで丸味屋が考えた新商品がこれ
『手のりたま』(o^o^o)

ヒョコちゃんの中にふりかけが入っている。
中身は変わらない『たまごふりかけ』

パッケージを変えただけなのに年間250万個?を売り上げる大ヒット商品に。(^^)v

私もまんまと引っ掛かって、買ってしまった。

担当者曰く
「どこがかわいいかわからない」(・・?)
たぶん、そこがかわいいんですよ。
40才過ぎのおじさんが「かわいいパッケージができました(^O^)/」
と言ってもねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2009

プレミアム・ドーナツ

神田神保町『andonand(アンドナンド)』
ドーナツと言えば、子供の食べ物。店内にはかならず1人ぐらいは子供がいそう。

でもここは従来のドーナツ屋さんとはイメージが一転。大人のドーナツカフェ。

店内の雰囲気もお気に入りで、ミッドセンチュリーっぽいインテリアになっています。
50年代の強かったアメリカ、みんなの憧れアメリカ、アメリカの近代主義を反映しているプラスチックを使ったりした、ちょっと近未来的なデザインですね。
チャールズ&レイ・イームズは高いから使っていないと思うけど、それぽい感じのイスとか、テキスタイルなんか飾ってあるんです。
50年代の映画のセットにありそうですよ。

ドーナツの値段はちょっと高めですかね。150円~250円
400円のプレミアムはホイップクリームにエスプレッソをかけて食べる店内限定のスペシャルドーナツ。

迷った挙句、中間をとって
『黒豆黒糖』230円Img_8428

甘そうなので、ラテのお砂糖抜きをあわせました。
マグカップも赤、緑、白とクリスマスっぽくってかわいい。

思ったより甘くなく、黒糖の香がして美味しかったですよ。
いつかプレミアムを食べてみようと思うんですが、甘そう

andonand公式ホームページ
東京都千代田区神田神保町1-6-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

究極のカレーパン

板橋区熊野町交差点付近に『究極のカレーパン』屋さんができました。
甘口、辛口それぞれ1日限定40個
Img_8623

『インド風シーフードカレー』
もと有名インド料理店のシェフが作る本格インドカレー
ルーのみの販売は500円。容器持参だと50円引き
1日限定10食

『限定!』と言われちゃうと、ついつい買ってみたくなるんだよね。
うまく乗せられているとは分ってはいるんだけれどね。
Img_8291

なんでも大手百貨店さんに卸しているので、どうしても限定販売になっちゃうんだって。

そういえば、池袋の地下で見掛けましたよ。
『赤坂シュビア・・・・』って書いてあったような。


『究極のカレーパン』と並んで『まぼろしのスイーツ』というのも売ってました。
ここはいったいなんのお店なんでしょう???
もともと和菓子屋さんだったところにできて、外観は和風。
店内にテーブルをおいて食べられるようになっているみたいなんですが、内装は中途半端で工事中かなんか分らない感じで不思議スポットです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »