« February 2009 | Main | April 2009 »

March 29, 2009

朝パン

朝パン
北海道の味覚を凝縮した『北海道シチューパン』サンマルク 200円

北海道産の牛乳でズワイガニを混ぜ込んだホワイトソースにチーズ、アスパラ、コーン、カボチャをトッピング。
真ん中にピンクのうず巻きナルトをデコレーション。
(?_?)なぜ、ナルト?
北海道のラーメンをイメージしているのかなぁ


これは温めて食べることをオススメ。
ホワイトソースがトロ〜っとして美味い\(^O^)/

ただ、食べる時に一回はボトっと落とすので要注意!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2009

売れない芸人の花見

04222去年のお花見は中野の新井薬師寺公園で、お笑い芸人さん達の隣りでした。
さすが、中野。しかも、売れない芸人?芸名を聞いても、みんな知らない。ロマン赤松さんはTVに出ているらしいが、見たことないって。
キムチ鍋をおすそ分けしてもらったので、芸能人が楽屋見舞いに持っていくという「一口いなり」をあげた。袖摺り合ってしまったので応援す111るよ。でも、活動しているのかなぁ。。。


お花見には『温かい鍋』がいいですね。
この時期、花冷えになったり、昼は暖かくても夜は冷える。
しかも、土の上にビニールシートを敷いただけではお尻からどんどん冷えちゃう(||li`ω゚∞)


売れない芸人さん達のお鍋の具はなんでも入れちゃえ!って感じで、大丈夫なの?食べられる?
と思ってけれど、そこは鍋マジックで、なんとなくそれなりに美味しかった。

鍋は出汁に具を入れるだけでOK ヽ(´▽`)/ だし、安い材料でもそれなりになるからオススメメニュー




コネタマ参加中: お花見で食べたいもの・飲みたいものを教えて!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2009

着いた〜っ

着いた〜っ
豊後、大分です

うちを出てから8時間
長かった

大分は小雨。傘をささなくても大丈夫


日曜日だけあって駅前は人通りが多いんだけど、歩くスピードが遅いよ

郷に行っては郷に従え
ゆっくり歩こう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の駅弁

春の駅弁
小倉の駅で、『春の筍ご飯』850円
を買いました。

他にカニ弁とかあったのですが、せっかく春ですし旬ですから、タケノコにしてみました。

お弁当にしては珍しくご飯は柔らかめ。
ず〜っと座りっぱなしで胃が動いていないから、うれしい。
煮物の味付けも、甘めだけれど美味しかったよ!


『ソニックにちりん』の指定席、最高ゴージャス!指定にして良かった。(^O^)/

シートは黒の皮張りで座り心地がいいし、床はフローリングで照明もアンバー系でとても落ち着ける。

何しろ1車両に座席が28席しかなく、ものすごくプライベートな空間がたもたれている感じ。

採算ど返しのお客様のためだね。
新幹線から乗り換えたら、どっとソファーに埋もれたね。
座席じゃなくって、リビングのソファーだもん。


お弁当も車内販売にすれば良かった。
大分の料亭がサポートしたんだって。


ただ一つ、問題は揺れがひどくって車内の写メが撮れない(T_T)/~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨の小倉

雨の小倉
小倉で『特急ソニック』に乗り換えです。

岡山からまた雨で、雲の中を走っているような視界の悪さ。

晴れるとは甘い期待だったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大分に向かって

大分に向かって
やっと新大阪に着きました(^Q^)/

浜名湖あたりで雨もやんで、京都では日差しも見えました。

東京のみなさん!
午後からは晴れそうですよ(*^□^*)
お花見できるよ

旅も半分来たところ、サクラ前線に突入!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2009

おやつは揚げパン

おやつは揚げパン
今日のおやつはキハチのビーフハヤシです。

ほどよい甘さとトマト(多分)の酸味がきいていて、おいしい(^O^)/

温ったかいと具がトロ〜リとして、もっとおいしい。
ので、チ〜ンしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2009

ホワイトデー第1号

ホワイトデー第1号
菓子工房 ガトーマスダ『紅茶シフォンケーキ』をもらいました。
しっとりした生地に紅茶の香りが旨さを増しておいしい。
生クリームを添えて食べるのもオススメ。

ガトーマスダは高島平周辺では有名で、『完熟アップルパイ』がおいしいと評判(^O^)/

オーナーがフルーツにこだわりがあるらしく、リンゴは山形産でお砂糖を控えたリンゴそのものの甘味と酸味が絶妙。

去年だかに生産過程に問題があって営業を自粛していたんだけれど、店舗を広げると隅々まで行き届かなくなるのかなぁ。
工場で作っていて、作りたてじゃないのにもガッカリ。

でも、昔から知っているので頑張って欲しい。
現在では店舗も増えて有楽町イトシアや恵比寿三越にも出店していて、板橋区限定だったのに凄いね。8店舗ぐらいあるんじゃない。
TVや雑誌にも時々とりあげられているし、オーナーはやり手だね。

ガトーマスダ高島平アトリエ店
板橋区高島平8−6−10
03-5922-5412

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2009

ウインタースノー

ウインタースノー
冬期限定『パイの実』は北海道産ミルクパウダーを使用したホワイトチョコにサクサクした香ばしいココアのパイがおいしい(^O^)/
パイの実の限定商品は当たりハズレがあるけれど、これは当たり

冬期限定だけに、もうすぐなくなってしまうのが惜しまれる。

買いだめしておこ〜っと(*^□^*)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 04, 2009

女子のお酒

3月3日はひな祭り。
女子だけで飲み明かそう(*゚▽゚)ノ

折角だから白酒も用意してみました。

神田猿楽町の老舗 『豊島屋』の白酒です。
ひな祭り限定販売の『江戸の草分け白酒』(180ml 441円)はもち米、米麹を味醂に仕込み、石臼で擦った白酒です。

たぶん、ガブガブ飲むものじゃないんでしょうね。
漆の盃でチビチビと上品に。
な~んって、めんどくさい!
なめるように飲んでいたら、味がわかんないじゃない(○゜ε゜○)

Toshima2


豊島屋さんは老舗で慶長年間、豊島屋十右衛門が鎌倉河岸に酒屋を開いた。
当時、徳川家康が江戸に入り、江戸城の大改修を行ない、鎌倉河岸は江戸城改修の資材、石垣や木材などの陸揚げするのに使われ、人足や武士が集まり、それを当て込んで商人が集まって賑わっていた。

江戸時代から白酒が有名で、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるほど。
長谷川雪旦の「江戸名所図会」でも、雛祭りに白酒を求めるの豊島屋本店の賑わいぶりが描かれています。白酒の売り出し日には、医師と鳶職を待機させて、店に殺到する人たちが怪我をしたときに対応しました。それほどすごい人で、この時期には店の入口と出口を別にして、店内を一方通行にしなければならなかったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2009

全国のおでんを食べつくせるか

三寒四温とはよくいったもので、寒かったり暖かかったり、これを繰り返して春になるんですよね。そうは言っても、東京では雪がふる寒さ。
凍えるような夜は『おでんで一杯』
なんてね。(ノ∀`)・゚・。
Tako

寒いから『おでん』というわけでもなさそうで、沖縄でも『おでん』があります。
あるどころか、結構お店は多くって、全国のトップ10に入るそうですよ。
具も豚足が入っていて、コラーゲンたっぷり。沖縄っぽい。

北九州・小倉に行ったときは『おでん』と『おはぎ』がセットでしたね。
おはぎは好きだからいいのですが、しょっぱいのと甘いのって、どうなんでしょう。。。。。
と思っていたら、『おいなりさん』を進められました。
『おでん』には『おはぎ』か『おいなりさん』がつくんですね。

大分では柚子こしょうをつけていました。

『おでん』のルーツは『田楽』と言われているように、味噌たれをつけてたべるところも多く、からし味噌、酢味噌、しょうが味噌など地域によって違うみたいです。

名古屋なんて、すごいですよ。『おでん』のスープが真っ黒!!(゚ロ゚屮)屮
見た目がしょっぱそう。
実際、食べてみると八丁味噌の甘みとうま味があって、見た目ほどしょっぱくはないんですけれどね。

静岡のおでんも結構、黒いんですよ。
ベースは牛すじでとったスープらしいんですが、おでんに青海苔と魚のだし粉をかけるのが特徴でしょうかね。
静岡市内には100軒ちかくおでん屋があって、静岡観光コンベション協会が『静岡おでんマップ』を発行しています。
どのお店に入ろうか迷ってしまいますが、ぜひ、『黒はんぺん』は食べて欲しいですね。

でも、東京のおでんが一番落ち着くかな。
子供の頃から食べなれていますからね。

江戸時代の後期には『おでん』があったそうなんですが、詳しくはわかっていないそうです。
その前に『田楽』という形であって、やはり今のように地方によって特色があったみたいですよ。
上方と江戸では串の形までちがって、先が裂けていてY字になっているのが上方。甘い白味噌をかけてたべたそうです。江戸では1本の串にさし、赤味噌をつけた。

具は豆腐やこんにゃくだけではなく、なすや芋、魚などどんどん増えて言ったそうです。
串に刺せて、焼ければなんだってよかったのかな。

江戸ではこんにゃくの田楽が大流行だったそうで、「健康にいい」としてみんな食べていたみたいですよ。
江戸でも健康ブームだったんですね。

世界でもコンニャクを食べているのは日本と中国の一部と聞いていますが、原産国のインドシナ半島では食べていないんですかね。
原産国で食べていないのに、どうして日本で食べるようになったんでしょう?┐(´-`)┌


世界最高(3~4m)の花  アモルフォファルス・ギガス(コンニャク属)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鼻のツボ

今日はひどい。頭の中が鼻水でいっぱい。下を向くとでちゃうから、マスクをして、垂れ流しにしている。鼻をかむと鼻の下が痛いんだもん。
ツボ師(針灸師)ひるこ君がいたので鼻のツボを押してもらった。肘を曲げてしわのできるあたりを軽く押してもらっただけなのに、すご痛。でも、楽になった。ついでに腰痛に効く膝の裏も押してもらった。10分もやってもらわなかったのに、きもちいい。このまま寝たい。。。ひるこ君がいてよかったよ。持つべきものはツボ師





コネタマ参加中: 花粉シーズン、どうやって乗り切る?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »