« ロウ細工の花 | Main | 鼻のツボ »

February 11, 2009

梅林坂

梅林坂は江戸城内にある梅の名所です。
本丸と二の丸を結ぶ坂で、坂を上りきると大奥の通用口がありました。

坂の由来は太田道灌公が、菅原道真公の霊夢を見て、今の梅林坂上に天満宮を勧請し数百株の梅を植えたことによります。
秀吉の時代、江戸城の本丸造営にあたり、平川天満宮は現在の千代田区平河町に移しました。そこから平河町の地名が生まれました。
1640


現在では、坂の上から下まで約50本余りの梅の木が植えられています。江戸時代は玉石敷きの雁木坂だったそうでうが、いまでは舗装され、面影はありません。
草履で玉砂利、おまけに急な坂では歩きにくかったでしょうね。雨の日なんかすべって大変。
城内で駕籠に乗れる人は限られていますからね。
梅を愛でながらゆっくり歩いたんでしょうかねぇ。

梅は2月中旬が見ごろです。
1月終りに見に行ったときはまだ、3分咲きぐらい。凍える手で写真を撮りました。
Img_0308

梅もいいのですが、石垣もオススメ ヽ(´▽`)/
梅と石垣のコラボもなかなかオツなものですよ。
ここの石垣は古いんじゃないでしょうか。修築したとはどこにも書いてありませんでした。

石垣に詳しい人がいたら教えてください。(*´v゚*)ゞ

|

« ロウ細工の花 | Main | 鼻のツボ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 梅林坂:

« ロウ細工の花 | Main | 鼻のツボ »