« お正月を迎える準備 | Main | 『遊び』から『学ぶ』 »

January 02, 2009

花びら餅

お正月用の和菓子を「創業文久3年 鶴屋八幡」で買いました。
文久3年と言えば、新撰組が結成された年、英国艦隊が薩摩に砲撃した年ですね。
べつに、幕末ファンと言うわけではなく、『鶴屋』と言う屋号がお正月らしく目出度いからここのにしました。

薄く延ばした白いお餅からピンク色のお餅が透けて見え、可愛く華やかなお菓子ですね。

hanabira
花びら餅はもとは、宮中で正月に食されていたそうです。600年前の文献に記録があるそうです。
原型は「菱葩餅(ひしはなびらもち)」、当時は現在のお餅よりも大きく、生地に甘みがなかったらしい。
白餅を丸く伸ばした中に、小豆汁で赤く染めて菱形にのばして餅を重ねて、味噌餡を敷き甘く炊いたごぼうをはさんであります。

なんで、ごぼう???

平安時代、新年に「歯固め」と言う儀式があて、猪や押鮎、大根などの固いものを食べて長寿を願ったらしいんです。

で、なんで、ごぼう????

ごぼうを鮎に見立てたらしいですよ。鮎は年魚とも書いて年始によく食べるらしいんですけど・・・・・

だからといって、お菓子にごぼうを入れようと思った発想がわからん。

|

« お正月を迎える準備 | Main | 『遊び』から『学ぶ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89126/43610569

Listed below are links to weblogs that reference 花びら餅:

« お正月を迎える準備 | Main | 『遊び』から『学ぶ』 »