« 大掃除 | Main | 『K−20』試写会 »

December 16, 2008

赤穂義士討ち入り

元禄15年12月14日 赤穂の義士が吉良邸に討ち入った日ですね。

『忠臣蔵』です。この時期になるとよくTVなどでやっていますよね。
昨日も田村正和が主演でやっていましたが、『忠臣蔵』はお芝居のタイトルで本当は『赤穂事件』とか記録には書
かれているようです。


雪の積もった町をザクザク隊をなして歩き、陣太鼓を打ち鳴らして門を木槌で打ち破る。
有名なシーンですよね。

でも、東京で12月中旬に雪が降ることはないですよね。
温暖化の影響か・・・・・と、すぐ思ってしまう昨今ですが、まったく関わりないことはないんでしょうが。

江戸時代は太陰太陽暦だから太陽暦より1ヶ月ぐらいづれる。
しかも8月に閏月があったので、元禄15年12月14日を新暦に直すと、1月30日になる。

1月30日じゃあ、東京に雪が降るかもね。


47人が歩くとかなりの音がする。
今と違って車も走っていない夜の江戸の町はシ~~ンとしているから、よけい響くんだけれど、あの降り積もった雪が音を吸収して、目出度くも吉良側に気づかれることなく討ち入りができた。


あの陣太鼓もフィクションらしいですよ。

|

« 大掃除 | Main | 『K−20』試写会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤穂義士討ち入り:

« 大掃除 | Main | 『K−20』試写会 »