« まぼろしの屯所 不動堂明王院 | Main | 江戸っ子の定義 »

September 07, 2008

床屋の名前の由来

明暦3(1657)年の大火のあと、火除地として『広小路』がつくられました。

延焼を防ぐためにつくられたので、建物を建てることは禁止されていました。
しかし、なんでもない時は非常に勿体ない。

そこで、いつでも取り壊せる仮設の店『床店(とこみせ)』で商売するようになりました。

後に利権がからんで、自分たちの営業権を守るため、幕府に上納するようになります。
幕府も財政難だからもらっちゃうんです。
上納金の値上げを要求して、半永久的に認めたりしてちゃっかりしています。


床店は小間物屋、古本屋、占いなど様々な業種がありました。
そのなかで『髪結い』が多かったので『床屋』と呼ばれるようになりました。

|

« まぼろしの屯所 不動堂明王院 | Main | 江戸っ子の定義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 床屋の名前の由来:

« まぼろしの屯所 不動堂明王院 | Main | 江戸っ子の定義 »