« 見附 | Main | まぼろしの屯所 不動堂明王院 »

September 06, 2008

新撰組不動堂村屯所跡

西本願寺を追い出された新撰組は不動堂村に屯所を移しました。

引越しの直前に幕府直参に取り立てられ、屯所は大名屋敷に紛う立派な構えだったそうです。費用は追い出した西本願寺が全額負担したそうです。そんなに嫌いだったんですかねぇ。

そんな立派な屯所も半年ほどいただけで、伏見に移ってしまいました。

そして慶応4年(1868)鳥羽伏見の戦いが起こります。Img_3581

期間が短かったため正確な位置が不明で、現在、3箇所で「ここが・・・」と標石や解説板を立てています。

そのうちの一つがハトヤ瑞鳳閣です。地味な感じで解説

Img_3584

板が立っていました。

瑞鳳閣の後ろに「うちが屯所あとだ!」という不動堂があります。

リーガロイヤルホテルにも「ここが屯所あとです!」と標石があります。

近所のおじいちゃんが

「関東の人は新撰組が好きだねぇ、ここらではあんまり人気がないけど」

そりゃそうだろうなぁ、関東の田舎者がズカズカと京の都を歩き回り、市中警護といっては刀をふりまわしているんだもん、好かれる理由がない。

|

« 見附 | Main | まぼろしの屯所 不動堂明王院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新撰組不動堂村屯所跡:

« 見附 | Main | まぼろしの屯所 不動堂明王院 »