« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

会社のおみやげ、悩む┐(´-`)┌

会社へのおみやげの条件

日持ちがする。

小袋に分かれている。

数がそこそこある。

かさ張らない。

などなど・・・・

Img_3961_2 会社への京都土産は『八つ橋クランチ』にしました。

パリッパリッの八つ橋を砕いて、チョコレートでコーティング。

チョコ、抹茶、ホワイトチョコの3種類が9個づつ。計27個。

数もいい感じじゃないですか。

お味もいい感じ。

固めのクランチが歯ごたえがよく、チョコレートと合っている。

そんなにかさ張らないので、新幹線の中でもジャマにならない。

八つ橋だから『京都に行きました~』って、すぐにわかる。

いいお土産を見つけました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏限定!京みやげ

京都のおみやげと言えば『八つ橋』ですね。

江戸時代からある定番のおみやげ。飽きてしまうのも許してほしい。

Img_3952

生八つ橋『おたべ』ちゃんは40年の歴史があるそうです。

歴史の中にも改革があり、夏限定『冷やし黒ごま おたべ』

トロ~っとした黒ごまあんを竹炭入り生地で三角に包んだ、ちょっと変わったおたべちゃんでした。

ごまの風味と、冷えているので口当たりよく、蒸し暑い夏にはいいですね。

変わっているのでちょっとした話題になりました。

秋限定のおたべちゃんもでるそうです。

こちらは、どんな餡なのか興味深々ですね。

食べた人は教えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2008

第13回世界妖怪会議

8月24日 京都太秦の中村座でおこなわれました。

出演は荒俣宏、京都夏彦、多田克巳、村上健司、郡司編集長

スペシャルゲスト、二代目水木しげる(水木先生の娘さん)

今回のテーマは『水木しげるを語る』
第1回から第12回までのダイジェストフィルムをを見ながらのディスカッションでした。

Img_3903

第1回から数えると、12年前。パネリストの方々も随分と風貌が変わっていた。
特に京都夏彦の太りようにはオドロキ!
こんなに痩せていたんだっけ。と思ってしまった。

水木先生は食欲が旺盛で人の分まで食べちゃう。
みんなで『しゃぶしゃぶ』をするとお鍋にガバッとお肉を入れ、一人で食べてしまう。
悪いと思うのか、お肉を追加して、ガバッとお鍋に入れ、お箸でピュッ!ピュッ!とお肉をみんなのお皿に投げ入れるそうです。
しゃぶしゃぶなのにしゃぶしゃぶしていないw(゜o゜)w
なんでも、太った人が大好きで、『君は何杯食べるんだね』『はぁ〜5杯?!』とお腹を触ってくるそうです。

それと京極夏彦が太ったのとの因果関係はわかりません。
手にはめている指先が冷える手袋がDAIGOと関係あるのか、わかりません。ウィ〜シュッ

Img_3943

この10年の間に水木先生は進化を遂げ、妖怪に近づきつつあるから半分妖怪になった『半死』の状態になったそうです。
写真撮影禁止や立入禁止の所にズカズカ入って行っても怒られない。妖怪だから。
代わりに一緒にいる荒俣さんなんかが怒られるそうです。人間だから。

水木木先生はかなりのコピーライターだということがわかり、短い言葉の中にたくさんの意味と強烈な印象を残していました。

『だいたい妖怪は1000種類ぐらいある』
もちろん水木論です。
昔はいっぱいいたんだけれど、江戸時代、想像力のない絵師がそれを300ぐらいにしちゃった。水木さん(自分のこと) はそれを元にもどしている。そうです。

『見えないものを見る努力をする』
目に見えないものはたくさんあって、水木さんは感じるんだけれど、目に見えないから、他の人にわかってもらうために形にする努力をしているそうです。
奥深いですねェ。

『電気はいけない!』

やはり妖怪は闇に住むものですよね。

映画村から駅までの道に街頭が少なく、怖かった。

都会っ子の私にしてみれば、十分に暗いんだけれど、街頭はあるし、看板に電気はついているし、真の暗さじゃないんだよね。

こんなところでは妖怪も出るに出られない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2008

列車ホテル

列車ホテル
小田原〜三島間が豪雨のため東海道新幹線がストップ。

24時間の降雨量が300ミリを越え、しかも雨雲は停滞しているとか。

そのため、運転再会のめどもたたず、新幹線の中で一夜を過ごしてしまった。

京都駅ホームに着いたのは21時30分。
この時点で20時代の新幹線が止まっていました。

人生初?の自由席。
一番早い新幹線に乗車。『ラッキー♪』

名古屋までは在来線で行けたので、結構降りちゃった人がいたんですね。
あと、諦めた人とか。
余裕で座れました。

1〜2時間待てば雨具もどっか行くだろう。と思ったら、大間違い!

1時50分ごろやっと運転再会。
しかも、各駅ごとに列車が止まっているから順繰り順繰りで徐行したり、止まったり。
東京駅に着いたのは4時30分。
長かった〜ぁ(*_*)

でも、中途半端に2時や3時に着かなくってよかったよぉ。
ちょうど始発が4時44分だったので待たずに乗れた。ラッキー(^0^)/

始発なのに満員、通勤ラッシュのよう。
みんな、大量の荷物持っているしね。

無事、家に着いたのは5時30分。
8時間の長旅でした。

天気による災害、多過ぎじゃない。
愛媛じゃあ、雨が降らなくって山火事でしょ

ちなみに、2時間以上送れると特急料金は払い戻されます。中途半端に止まっていなくってよかったよ。ラッキー♪
\4730のキャッシュバック。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2008

ジェノワーズ

Génoise とは簡単に言っちゃえば『ケーキのスポンジ』のことですね。

そんな名前のついているスイーツのお店を見つけました。

Img_0014

府中と東府中の間にある、な~んにもないところに突然、おしゃれな建物があります。

駅からは結構離れているので、お客さんがあまり来ないんじゃないかと思っていたら、大間違い。

ケーキを買いに来る人、お茶を飲みに来る人、と引切り無しです。

3時ごろに行ったのですが、もう売り切れの商品もありました。

お店の裏はケーキ工房、ここで作られているんですね。

民家のようで、2階が喫茶店かと思っちゃいました。

世田谷にも支店があるそうです。

Img_0080

レアチーズケーキ

バナナタルト

抹茶チョコケーキ

  それぞれ420円

あまり甘くなく、飽きない味でした。

ジェノワーズ洋菓子店  府中市浅間町4-8-13

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2008

ウォードの箱

19世紀中ごろにイギリスの医師ウォードが発明した植物を運ぶための箱。
三角柱を横にしたような形。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クレマチスは右巻き?左巻き?

クレマチスのつるをはずすときは2、3日水を与えないで、くたっとさせると折れにくい

つるは右でも左巻きでもよい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2008

ブ厚いホットケーキ

ブ厚いホットケーキ
厚さ5センチのホットケーキを作っちゃいました。

ブ厚いホットケーキは憧れのまと。
小さいときからの夢ですね。

普通に作ると難しいので
『炊飯器』
で作りました(^0^)/

お味のほうは
固めのスポンジ。
と言うところでしょうか。フライパンで焼いた味とは違いますね。
薄くても、焼いたほうが美味しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超ローカルニュース

板橋区熊野町上空には今、ヘリが旋回中!

日曜の静かな朝に慌ただしい騒音が響いています。

タンクローリが横転して、火災になったそうです。

お近くのかた気をつけてね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »