« 交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』 | Main | タイのカップラーメン »

February 03, 2008

初恋草

『初恋草』というので、淡い可憐な花を想像していたのですが、ご覧のようにトロピカル。

オーストラリア原産のこの花は黄、オレンジ、白、青と色もカラフルで、葉は乾燥に耐えられるように針金のように細くなっています。Imgp1208


本当の名前は『レシュノルティア』日本人に受けがいいように『ハツコイクサ』と付けたようです。

90年代ごろから出回るようになった比較的新しい花ですが、冬には花が少ないので目立つのでしょうか、よく見かけます。

短日性植物なので、日中が短くないと花芽をつけません。
夜、明るかったりすると花数が減ってしまうので、真っ暗所に移したり、カバーをかけたりするのがいいでしょう。

|

« 交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』 | Main | タイのカップラーメン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初恋草:

« 交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』 | Main | タイのカップラーメン »