« December 2007 | Main | February 2008 »

January 28, 2008

交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』

立川志の輔の新作落語を映画化した『歓喜の歌』の試写を見てきました。
監督は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司。
出演は10年ぶりに主役をやった小林薫。6年ぶりの映画になる安田成美。伊藤淳史。 由紀さおり姉妹。浅田美代子。立川談志、志の輔師弟。
Kannki

落語が原作とあって、どこにでもある日常の話しを「笑い」と「涙」で色づけしたほのぼのとした作品です。
「ママさんコーラス」という題材に色々な人々の人生が織り込まれて、時間が足りないのではと思われるところを実力派の役者さんたちが短い時間でキャラをだしていてくれました。

ミニスカートでウエートレスをしながら引きこもりの息子を育てている根岸季衣。
夫が倒れても中華料理店を続ける藤田弓子。
スーパーで魚を売りながら声を鍛えている平澤由美。
姑と嫌味をいいながら仲良くやっている猫背椿。
ランチュウ好きでシャラポワの兄のでんでん。
おかぁちゃんに頭の上がらない塩見三省。
愛すべきおばあちゃん渡辺美佐子。
他にも、光石研、笹野高史、筒井道隆、片桐はいり、峯村リエ、斉藤洋介などなど個性あふれる面々が笑わせてくれます。

重要な役割をはたすランチュウ、美味ギョウザ。そして音楽。
ある意味ミュージカルでもあるこの映画は、音楽が要所要所でいい働きをしている♪
始まりの「ヤン、ヤン」はクスリと笑ってしまう。
「ダニーボーイ」を歌い上げる平澤由美はさすがにうまい!
病院での子守唄には涙がとまりませんでした。
そしてみんなで歌う『歓喜の歌』
力強く歌うママさんたちを見ていると、まさに「生きている。必死に生きている」が伝わってきました。
辛いから歌う、悲しいから歌う、楽しいから歌う、どんなどん底でも歌うことができれば生きていける。
『歓喜』とは生きていることなのかも。

2月2日土曜日からシネカノン有楽町1丁目ほかでロードショー
『歓喜の歌』公式ホームページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2008

ねずみの年賀状

今年は年賀状を1月18日まで販売したそうです。
なんでも、『日本の風習を大切に守ろう!』と言うことらしいのですが、『年賀状を書こう!』はいいとしても、松の内まででしょう。
7日以降であれば『寒中見舞い』か『ご機嫌伺い』2月に近かったら『立春吉日』かなぁ。
関西ではもう少しながく15日までが松の内らしいのですが、どちらにしても先様に失礼に当たるんじゃないでしょうかね。
口うるさい人だったら「常識はずれ」と怒るかも知れませんよ。

売れ残りの年賀状を売ろうと悪あがきをしているようにも見えます。
年々、年賀状を送る人が減ってきているにもかかわらず、前年より5.8%増の40億枚ちょっと。
売れたのが30億枚弱!!
Nezumi

しかも広告に80億円もかけちゃった。
おまけに古紙再生の問題で踏んだりけったり。
余ったはがきはリサイクル紙にされるんでしょうかね。行方が気になりますね。

郵政民営化初の大事業のキャッチコピーは「年賀状は贈りもの」

今年も心を込めて手作り年賀状を作りました。
ねずみ年なので浅草・伝通院の前の屋根にいる『ねずみ小僧』さんにも参加してもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2008

仙台のお土産

仙台のお土産
仙台の名物と言えば『牛タン』
おみやげにもらったのは仙台限定『うまい棒 牛タン塩味』

パッケージも舌を出している牛に跨がった伊達政宗の恰好をしたドラえもんみたいなキャラ((ミ゜o゜ミ)) 「うまえもん」とか。正式には名前はないそうです。

友達は美味しいと絶賛していたのですが・・・
封を切るとすっぱい匂いがします。レモンなんでしょうかね。

まぁ、食べて見てください。仙台限定と聞いていたのですが、東京のコンビニでも置いてありましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2008

鉄博のお土産

2007年鉄道の日にオープンした『鉄道博物館』のおみやげをもらいました。
Imgp1113

券売機の形をした箱の中には、切符をプリントしてある小袋。
袋を開けると“パイ”が入っていました。

切符は「東京」「新宿」「大宮」「横浜」と色々な駅があって、無意味に「大宮かよぉ~」と残念がったり、「キャァ、新宿だって」と喜んだり、何が楽しいのかわかりませんが、引く楽しみがあります。

美味しいさに楽しさがプラスされたこのお菓子は結構人気のおみやげだそうです。

まだまだ混んでいそうなので、鉄博は冬休みが終わってからいこうかなぁ。
と、言っているうちに春休みになっちゃうんだよね、きっと。


鉄道博物館  埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴミ屋敷

ゴミ回収が6日まで休みなので、溜りにたまったゴミが3袋とダンボール箱。
ゴミの回収が終わってからも大掃除をしてしまった結果、こうなってしまった。
Imgp1130

なるべくゴミを出さないようにリサイクル屋さんにもっていったんだけれど、値段のつくものはほんのわずか。引き取り拒否もありました。相手も商売だからしょうがないけれどね。
去年発売された本もB―Оにもっていったら、「定価の5%で引き取ります」といわれてもって帰ってきちゃった。そのうちの4冊は20円だったので、ちょっとショック。
また本棚にもどりました。

今年も我が家のゴミ問題は解決しないかも。(・_・ヽ)


江戸時代もゴミ問題がなかったわけじゃない。
世界に類をみない100万都市。人口が多ければゴミだって増える。

資源が少なかったからリサイクルは必然で、職人が丁寧な仕事をしているから、ちょっと直せばすぐ使えるし、作り変えることもできる。
『江戸のリサイクルを見直そう!』と最近言っているが、根本が違うからね。
外国で作った安いものや、機械でガンガン流して大量生産したものと物が違う。


一生懸命に分別しているけれど、リサイクル業者の方が間に合わなくゴミの山になったり、リサイクルするためにCO2がでたり。「再生紙を使わない!」と宣言した企業もありましたよね。
リサイクルのあり方を考えなければ・・・・・


去年の10月から一部のプラスチックも燃やしていいことになり『燃やせるゴミ』に表示が変わりました。
焼却温度が高温になったため、ダイオキシンなどの発生が抑えられるようになったらしい。原型よりも燃やしたほうがかさ張らないからね。
でも、まずは過剰包装を止めたほうがいいと思うよ。世界的に見ても珍しいらしいよ。よく、外国の人に日本人は潔癖症?って聞かれるもん。


江戸時代にはプラスチックなどなかったから、永代島などの海に捨てて埋め立て、新田として開発したんだね。いい有機肥料になったんじゃない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2008

年越し蕎麦作り

福島のおばさんからそば粉をもらって、『そば打ち』に挑戦!してみました。

本を片手に粉まみれになりながら奮闘。

蕎麦は好きでよく手打ちの蕎麦屋さんで実演を見ているし、福島にいる親戚のうちではしょっちゅうそばを打っているので、門前の小僧、本もあるしなんとか大丈夫でしょう。って思っていたんですけどね。。。。。

最初っから失敗。
粉に水を入れて、混ぜるんですけど、パラパラした状態にしなきゃいけないのに、なんっかねっちょり。練っちゃいけないのに・・・・

イメージは頭の中でばっちりなんだけど、現実はそう簡単に行かなかった。
途中で疲れて泣きたくなるし。
茹でてみればブチブチ切れるし、お団子のように固まってしまった。

あと10回ぐらいトライすればできるかな???

福島のおじさんが心配して、打った蕎麦を送ってきてくれました。
やっぱり出来ないと思っていたんでしょうね。

あまりにも綺麗なお蕎麦なので、写真に撮りました。
ここまで出来るようになるには、先が長いね。
Imgp1017


取り敢えず、除夜の鐘を聞く前に“年越し蕎麦”を食べることが出来ました。

一般的に年越し蕎麦を食べる理由として「細く長く生きる」って言うんですけれど、江戸っ子は「太く短く」そんなことは気にしちゃいない。
金細工職人が散らばった金を集めるときに蕎麦団子を使ったんだね。
それにあやかって、金運上昇を願って年越し蕎麦を食べたのさぁ。

蕎麦打ちの参考書  『そば打ち入門コツのコツ]』
初心者にも簡単!にちょっとだまされた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »