« 『江戸歴史文化検定』 | Main | スニーカー最安値? »

December 09, 2007

江戸渋好み

京都のきもの屋『四君子』が六本木にオープンしました。
数々の芸能人を手掛けるスタイリストえなみ眞理子さんがプロデュースしただけあって、お祝いのお花がすごかった。Imgp0976

米倉涼子、松嶋奈々子、小雪、牧瀬里穂、瀬戸浅香、寺島しのぶ、谷原章介さんなどなどビッグな名前がずら~り。


全国から着物を選らんだようで、紺麻に白の刺繍が重厚感がある津軽こぎん。長浜の花菱。南国の密林を思わせる素朴な久米島紬。涼しげでエキゾチックな琉球紬。
そしてなんと言っても、えなみさんが描いた“プードル”の帯。
シルバーグレーのシックな地に白いプードルがかわいいけれど大人ぽい、普段着にもパーティーにも合わせられそう。

引き出しには白からグレーにかけてのグラデーションのように並んだ反物がずらり。
微妙にピンクがかったグレーやグリーンの入ったグレーなど、京都の呉服屋さんには珍しい江戸好みの渋い反物です。
襟や帯、小物でいろんな着方を楽しんでください、と言うことでしょうか。


江戸時代は度々『奢侈禁止令』がでて、贅沢は罰せられました。
そこで江戸っ子は地味だったらいいんだろとばかりに茶色は48種、鼠色は100種つくってしまった。俗に『四十八茶百鼠』というやつですね。
本当にそんなにあったかどうかは資料がないのでそれ以下かもしれないし、それ以上かもしれませんが。

で、襟や八掛など派手な色にしたり、羽織の裏に絵を描いたり、そんなことをしてお洒落を楽しんでいたんですね。
1079


四君子  東京都港区六本木5-10-25
開店記念にシルクのうさぎエコバッグがもらえます。

|

« 『江戸歴史文化検定』 | Main | スニーカー最安値? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸渋好み:

« 『江戸歴史文化検定』 | Main | スニーカー最安値? »