« スニーカー最安値? | Main | 六本木ヒルズのイルミネーション »

December 22, 2007

池波正太郎記念文庫

池波正太郎さんの書斎を見て来ました。

『自分で自分と戦う仕事』と言っていらしただけに、『憩い』というものがこれっぽっちもない。

復元された書斎は狭く、後ろには迫る本棚。机は袖机に挟まれ、身動きが取れないようになっている。そのためか、手を伸ばせば必要なものが手に入るようにものが配置されている。
お盆にはポット、お茶の缶、銀色のウィスキーボトル。
直筆の原稿の上には万年筆、トレーに置かれた数々のペン。絵筆、硯、インク吸い取り、羽箒、眼鏡が2っ。
重厚な本に混じって置かれたピースの丸い缶が6個

自分を追い込んだ緊張感のある空間です。
仕事の取組方を反省してしまった。


生前、自分の故郷は浅草と上野の間と言ってらしたとおり、ここは言問通りとかっば橋商店街の交差しているあたり、台東区生涯学習センターの中の図書館の中にあります。


圧巻は時代小説コーナー。戦前から現代までの小説や資料が常時3000冊以上公開されています。
タイトルや作家の名前を見ているだけでもワクワク((o(^-^)o))
もちろん池波正太郎さんの本もこれでもかっと言うほど揃えてあります。
あれもこれも読みたくって、絞るのが大変です。
Chushin

企画展示もあり、今回は『中一弥挿絵原画展』
池波正太郎はもちろん、吉川英治、野村胡堂、山本周五郎、山手樹一郎、山田風太郎、司馬遼太郎、藤沢周平などなどの挿絵を描いた人で、名前は知らなくても絵は見たことがあると思いますよ。

12月になるとやってくる忠臣蔵。大石内蔵助の生涯がかかれた『おれの足音』の原画が展示してありました。

|

« スニーカー最安値? | Main | 六本木ヒルズのイルミネーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 池波正太郎記念文庫:

« スニーカー最安値? | Main | 六本木ヒルズのイルミネーション »