« 重陽の節句 | Main | 『夜の上海』試写 »

September 16, 2007

江戸時代の敬老

80歳以上の人が700万人を突破したそうです。
65ではまだ老人とは言えないんでしょうね。

織田信長が「人間50年」なんて言っているものだから、昔の人は短命のイメージだけど、長生きのひとだっていますよ。

赤ん坊や子供の死亡率が高く、医療が発達していないためか病気になると死んでしまう確率が高いから、平均寿命が低いので、短命と結びついちゃうんじゃないでしょうかね。

滝沢馬琴なんて82歳まで生きていたし、徳川家康は73歳ですよ。
家康の場合は長寿を天下とりの戦略の一つと考えていたから、かなり力が入っていたみたいですけど。

普通の人でもすごい長寿の記録があります。
米沢で153歳の人がいたんだって。時の藩主、上杉定勝がもてなしたそうですよ。

153歳とは今を考えても信じられない。昔はかぞえで年を数えていたから、1、2歳今より多いけれど、それにしたってねllllllllllllllllllぇ。

|

« 重陽の節句 | Main | 『夜の上海』試写 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸時代の敬老:

« 重陽の節句 | Main | 『夜の上海』試写 »