« マウントバーム | Main | ヤマボウシ »

May 06, 2007

箭弓稲荷神社

字のごとく、弓に関する神さまです。
平安時代、下総の国が反乱を起こしたため、朝廷は武将源頼信を追討の任に当たらせた。
野久ヶ原に本陣を張り、頼信が野久稲荷神社に戦勝祈願をしたところ、夜明けの空に矢の形をした白雲が現れた。頼信は「これぞ神のご加護!」と奮いたち勝利した。Imgp8756

野久稲荷に戦勝報告を済ませ、ご社殿の建て替えを寄進するとともに、野久稲荷を箭弓稲荷と改めさせた。
弓に纏わる神さまだけあって、松山城主、川越城主などから信仰され、江戸からも多くのひとが参拝に来た。

川越ぐらいなら近いけれど、江戸からはかなり遠かった。
池袋から東武東上線に乗って急行で53分。東松山までは遠かった。
しかも、準急に乗ってしまい、「まぁ、いっか」と思ったら『川越市止まり』
「行かないじゃん!」乗り換えて70分もかかって、やっと着いた。
駅からはすぐだったのだけれど、神社の隣には駐車場があって、車で行けばよかった。電車は難しいよ(ノ_-。)Imgp8789


ぼたんの花で有名なのですが、半分は散ってしまっていて残念。
しかし、藤棚はこれからが見時。
4本のふじが棚のコーナーにあり、それぞれ開花時期が違うので長く楽しめそうです。

ぼたん祭りの期間中、神楽殿で催しも行なわれていて、この日は『芸能共演舞踊大会』Imgp8793

日ごろの練習の成果を披露していました。
ちょっと、横溝正史や寺山修二の世界にトリップしてしまった。
ここは、芸事の神さまでもあって、7代目市川団十郎が祠を奉納したそうですよ。

|

« マウントバーム | Main | ヤマボウシ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 箭弓稲荷神社:

« マウントバーム | Main | ヤマボウシ »