« April 2007 | Main | June 2007 »

May 27, 2007

モンゴルの岩塩

ほんのりピンク色をしたモンゴルの岩塩を貰いました。Imgp8923


味はまろやかで、とげとげしたしょっぱさがないので、野菜にそのままつけてたべました。
マグネシウムを含んでいないので、苦味が少ないのでしょうね。
野菜の甘味を引き出してくれる立役者です。

モンゴルの奥地、秘境で採れたもので、公害の汚染もない塩でミネラルを多く含み、アトピーや花粉症などのアレルギーがよくなるそうなんですが、人によって違うと思うので、鵜呑みにするのは疑問です。

が、美味しいことは確かです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2007

湯布院の牛乳プリン

今、牛乳プリンの中で一番好きな『湯布院の牛乳プリン』です。Imgp8558

他の牛乳プリンと違うところは、牛乳ですね。濃厚で、牛乳というよりは、生クリームに近い感じ。由布院の酪農農家4戸限定の生乳を使っているそうですよ。
滑らかな口当たりでやわらかく、少し甘味が強い気がしますね。でも、後味はさっぱり。

そんな『湯布院の牛乳プリン』が大好き。

しかし、東京ではなかなかお目にかかることはないんです。
九州の方ではコンビにで売っているそうなんですが、今回はスーパーの九州特集で見つけました。

1個、137円。
他に『珈琲牛乳プリン』『杏仁』もあります。

九州乳業というところが作っているのですが、3月下旬に社長がお亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 13, 2007

鎧の虫干し

亀戸の香取神社のお神楽殿で鎧の虫干しをしていました。
Imgp9036
毎年、5月5日には『勝矢祭』があり、亀出神社から香取神社までの2kmを武者行列が練り歩きます。

平将門の乱を平定した藤原秀郷が戦勝の返礼として弓矢を奉納したことに由来したお祭りで、香取神社に到着すると、本殿で『勝矢』の奉納の儀式が行われます。

勝負を転じて「スポーツの神さま」でもあるので、大勢の子供たちも行列に参加して華を添え、沿道の見物人は10万人にも上る大変賑やかなお祭りです。

静かに横たわる鎧は「兵どもの夢のあと」でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀戸天神

天神様といえば、梅なのですが、ここはフジのほうが有名です。Imgp9070
ゴールデンウイークのあたりに「藤まつり」が行なわれます。境内には100株、17の藤棚があり、淡い紫の花棚と赤い派手な太鼓橋や池で甲羅干ししている亀と風にそよぐ藤の房など写真に撮りたいポイントがたくさん。
が、その分、人出も多くベストな写真を撮るのはなかなか大変。少し、時期をずらして5月7日に行ったのですが、もう散った後でした。

江戸時代から藤や梅で有名で、広重の「名所江戸百景」にも描かれています。Imgp9055

寛文2年(1662年)に創建された亀戸天神は道眞公の末裔が地形をはじめ社殿や楼門、太鼓橋など境内をすべて九州の太宰府天満宮社にならって造営したので、江戸にいながら九州の太宰府天満宮にいる気分になれる観光スポットだったのでしょうね。
当時から、春には梅、初夏には藤、秋には菊と花見が行なわれ、境内を賑わせていたそうです。

よく、なんでも「うそぉ~」と言う人がいますが、嫌なことや不幸は嘘にしていですよね。Imgp9057

亀戸天神では1月24、25日に「うそ替神事」が行われます。
鳥の鷽(うそ)が不幸を嘘(うそ)にしてくれる、というもので、前年受けた木彫りの鷽を納め、新しい鷽を授けられます。
天神様信仰とともに、江戸の人々の間で信じられていました。

これは、前年受けたヒノ木の一刀彫のウソ鳥を納め、新しいウソ鳥を求めると、いままでの不幸をウソにし幸にトリ替えるという行事で、毎年たいへんな人気を呼んでいます。

亀戸天神 : 東京都江東区亀戸3丁目6番1号

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2007

ヤマボウシ

ヤマボウシ
日本のハナミズキ、ヤマボウシです。
ハナミズキよりだいぶん遅れて咲きます。
花は白く全体に四角っぽい形をしていて、木を覆うように咲きます。山にこの木があると、白い帽子をかぶっているようにみえるところから、ヤマホウシとついたそうです。

秋には赤い苺のような実を付けます。
おいしそうに見えるのですが、食べられるのでしょうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 06, 2007

箭弓稲荷神社

字のごとく、弓に関する神さまです。
平安時代、下総の国が反乱を起こしたため、朝廷は武将源頼信を追討の任に当たらせた。
野久ヶ原に本陣を張り、頼信が野久稲荷神社に戦勝祈願をしたところ、夜明けの空に矢の形をした白雲が現れた。頼信は「これぞ神のご加護!」と奮いたち勝利した。Imgp8756

野久稲荷に戦勝報告を済ませ、ご社殿の建て替えを寄進するとともに、野久稲荷を箭弓稲荷と改めさせた。
弓に纏わる神さまだけあって、松山城主、川越城主などから信仰され、江戸からも多くのひとが参拝に来た。

川越ぐらいなら近いけれど、江戸からはかなり遠かった。
池袋から東武東上線に乗って急行で53分。東松山までは遠かった。
しかも、準急に乗ってしまい、「まぁ、いっか」と思ったら『川越市止まり』
「行かないじゃん!」乗り換えて70分もかかって、やっと着いた。
駅からはすぐだったのだけれど、神社の隣には駐車場があって、車で行けばよかった。電車は難しいよ(ノ_-。)Imgp8789


ぼたんの花で有名なのですが、半分は散ってしまっていて残念。
しかし、藤棚はこれからが見時。
4本のふじが棚のコーナーにあり、それぞれ開花時期が違うので長く楽しめそうです。

ぼたん祭りの期間中、神楽殿で催しも行なわれていて、この日は『芸能共演舞踊大会』Imgp8793

日ごろの練習の成果を披露していました。
ちょっと、横溝正史や寺山修二の世界にトリップしてしまった。
ここは、芸事の神さまでもあって、7代目市川団十郎が祠を奉納したそうですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

マウントバーム

『ねんりん家』のバームクーヘンです。なにが違うかというと、でこぼこしていてまるでアルプスの山のような外見です。
わざわざでこぼこ、しかも毎回同じようにでこぼこにするのにはかなりの技術を要しそうです。
しっかり巻いた生地で、少しハードな感じ。ヨーロッパの焼き菓子のようで食べ応えがあります。
やわらかいふわふわ好きの日本人には「おや?」と思うかもしれませんが、そういう人には「ストレートバウム」がお勧め。
こちらは普通の丸いバームクーヘン。やわらかい生地でほのかにオレンジの香りがします。
生タイプは、隣のガラス張りの工房で焼いた焼きたて。限定販売なので、夕方にはありません。値段も安くってお得になっています。Imgp8437


東京の池袋限定発売だから、帰省のお土産にぴったり。
焼き菓子だから、封を切らなければある程度、日持ちもするしね。
そう考える人は多いようで、GW前は30人以上並ぶ行列でした。
先月の末、『王様のブランチ』でも紹介されちゃったのも行列の原因らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »