« March 2007 | Main | May 2007 »

April 28, 2007

ハナミズキ

明治時代、東京市長がワシントンに桜を贈ったお返しに、アメリカからもらった、アメリカ原産の木です。

パトリシア・コーンウェルの『検死官シリーズ』でドクター・スカペッタのリッチモンドの家にあったのがハナミズキです。車の爆発とともに燃えちゃうんですけどね。(ずいぶん昔に読んだので、記憶が曖昧ですが・・・・)
バージニア州の州花です。
04371

ポトマック河畔のお花見が定着したように、日本でもハナミズキをよく見かけるようになりました。
一青 窈さんの歌にもなって「はなみずき」の名前はメジャーになりましたが、日本の木だと思っている人も多いようですね。
日本の同種のものは「ヤマボウシ」という白い花で四角い花びら(正確には「ほう」)をしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

太古の花から青いバラまで

上野の国立科学博物館で行なわれている特別展「FLOWER」を見に行ってきました。
桜の花も散り、平日と言うこともあって空いているかと思いきや、結構人が入っていました。
Haana

入り口でまず迎えてくれるのが、オオシマザクラの香りです。
桜並木の下を歩いているような花の香りを嗅ぎながら、植物の化石を見ることができます。
次のフロアーでは色素の説明がパネルで紹介されていました。
「白い花は色素がない」そうです。あの白く見えるのは石鹸の泡が白く見えるのと同じなんだそうです。

アクリルのケースのふたを開けると花の匂いを嗅げる仕掛けもありました。いい匂いの花から、臭いニオイまで。人によっても感じ方が違うみたいで、感想もまちまち。
最近の香水などは花を搾るのではなく、真空にして液体窒素や吸着剤などに匂いを移すそうです。花を傷つけないため、本来の匂いに近い匂いが採れるそうです。
おばさんが多かったせいか、いろんな匂いを嗅ぎすぎたせいか、だんだんと匂いが判らなくなってきました。

世界最大の花「ラフレシア」花序が3メートルにもなる「スマトラオオコンニャク」世界最長の花「プヤ・ライモンディー」など、図鑑でしか見たことのないものが見れて面白かったですね。
タイトルの「青いバラ」はどう見ても薄紫にしか見えないんですが、この色をだすのに苦労を重ねているそうです。自分的にはあまり興味がなく、悲願なのにごめんなさい。

展示内容も日によって違うので、何回か行ってみるのもいいですね。リピーター割引もありますから、半券は取っておいた方がいいですよ。
行く際は、午前中がお勧め。9時からやっていますから、早めのほうが空いていて自分のペースで見れます。常設の地球館も見られますから、時間があったらどうぞ。

国立科学博物館   東京都台東区上野公園 7-20
大きなくじら(たぶん、シロナガスクジラ。ジョゼッペじいさんが住んでいると思う)が目印なので、すぐ分かりますよ。Imgp8383

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

石神井公園の花見

西武池袋線石神井駅から10分ぐらい歩いたところに石神井公園があります。
地図で見たら、駅から近そうだったのですが、入り口が遠かった。
Imgp8246
その間にちらちら視界に満開のさくらが目に入り、テンションが段々上がってきますよ。
入り口をはいり、仮設の自転車置き場をすぎると、満開の桜が覆いかぶさるように両脇から迎えてくれます。さくらのドームに思わず「わぁ~っ」と声をあげてしまいました。

お花見をしている人たちは近所の人なのでしょうか、上野とはまた違うのんびりとした、ホンワカな空気でしたよ。

ソメイヨシノやヤマザクラが約250本、なかなか見ごたえがあります。
他にも、ハナモモやレンギョなども満開で目を楽しませてくれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大名庭園の桜

芝離宮は大きな池のある回遊式泉水庭園です。その池の辺に、1本だけ離れて満開に咲いている桜があります。
池と桜のバランスが日本的に思え、空間のとりかたがゆったりしていて、贅沢を感じます。
奥に行くと、桜が林立しているので、にぎやかな方が好きな人は途中で帰らずに奥まで散歩してください。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、サトザクラ、ヤマザクラなど見れます。
Imgp8196

入園料が150円かかるのですが、お昼になるとサラリーマンなどが昼寝をしに集まってきます。ベンチでボーっとしたり、芝生で寝たり、気持ちよさそうです。緑もあるし、水もあるし、リフレッシュできそうですね。
入園料をケチりたい人は、浜松町駅の東芝ビルの出口にある遊歩道がお勧め。
ガラス張りのコーナーには簡単なベンチがあって、庭園を上から眺められます。そんなに大きくない庭園なので、一望できます。

昔、海だったところを江戸時代初期に埋め立て、大久保忠朝が上屋敷を建てました。
この庭園は「楽寿園」と呼ばれ、池には海水を引き入れ、中国の西湖を模しています。また、仙人が住んでいるといわれる蓬莱山の石組みが蓬莱島にあります。
そう言われると、中国の山水画っぽい感じもありますね。
幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となったそうです。

大名庭園に相応しく、弓道場もあります。1時間140円と安いので驚き。
ただ、指導員も居らず、道具も自分で持ってこなければいけないそうです。

旧芝離宮恩賜庭園 東京都港区海岸1-4-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »