« January 2007 | Main | March 2007 »

February 23, 2007

隠れスイーツ店

池袋から有楽町線で2つ目の千川にある『エコール・クリオ』で友チョコレートを買いました。
住宅のほかには、大型スーパーと激安魚市場しかない到って普通の住宅街に突然、そこだけ代官山を思わせるおしゃれなお店があります。
そんなものだから、近所の20~30代の女性に人気。
Imgp7604

幼稚園の帰りに寄ったり、買物の帰りに寄ったり、店内でお茶やケーキが食べられるようになっているので、お店の前はママチャリでいっぱい。
あれはいただけませんね、折角のおしゃれなお店なのに、『パトロール中』の看板をつけた自転車を堂々と入り口につけるのは興ざめです。
Imgp7642

チョコレートは種類が豊富で、カカオが40~80%まで選べ、他にはマンゴ、ストロベリー、フランボワーズ、ブラックベリーティー、アールグレー、プラリネ、パッション。
珍しいチョコレートとしては、ジンジャー、黒酢、りんご酢など、220~1000円まで金額も幅広です。

ケーキや焼き菓子もおいしそうでした。

こんな僻地じゃ誰も知らないだろうと思ったら、食のナビゲーター「来栖けい」さんが雑誌で紹介したらしく、遠くからもお客さんが来るそうです。
パテシエはフランス人のサンスト・アントワーヌ。有名な人らしく、他にもよく雑誌に載っているらしいです。

これを切っ掛けに千川が活気づけばいいのですがね。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2007

菜の花忌

Nanno7595
立春吉日。春到来。
節分も過ぎたので、菜の花を飾ってみました。

この花は作家司馬遼太郎氏が好きだった花で、長編小説『菜の花の沖』を書かれています。
江戸後期、淡路島の貧な家に生れた少年が海の男として苦労しながら自分の船を持ち、蝦夷の海で活躍する。
しかし、その人生は波乱で、ロシアに拿捕されたりしている。当時、南下政策を取っていたロシアと日本、松前藩はトラブルが絶えず、行きがかり上、2国間の橋渡しをしようと奔走したのが、高田屋嘉兵衛。函館に銅像もある実在の人物伝です。
司馬さんのファンは圧倒的に男性が多いのだそうだが、これも男性が好きそうな海を舞台にスケールの大きい話しです。

ただ、長い。非常に長い。6巻まであるのですが、途中の余談が多くって、なかなか話が先に進まない。
でも、その余談が面白い。
当時の海運事情や、各地の産業の発達、船の作り方。もちろん、菜種のことなど興味深い話なんですが、長いんですよ。雑学王を目指している人にはお薦め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »