« October 2006 | Main | December 2006 »

November 30, 2006

最近流行りの教育問題

最近、NHKの『知るを楽しむ』にはまっています。
歴史や先人、知識人などから学ぶ、月代わりの放送です。
「知る事が楽しい」学習の基本ですよね。

特に花緑さんがナビゲートしている『歴史に学ぶ』は好きですね。
この間は「寺子屋」がテーマでした。

昔、お寺さんで教えていたそうなんですが、江戸時代になってお侍さんなどが教えるようになったのですが、そのまま「寺子屋」 と呼ばれていたそうです。

寺子屋では近所の子供たちを集め、同時に同じことを教えているのかと思いきや、個別指導だったそうです。
商売人の息子にはそろばん、絵の得意な子供には絵を、大家の倅には離縁状の書き方など得意分野を伸ばしたり、商売に合わせて教えていたそうです。

今は出来ない部分を補う教育だから秀でた人材が生まれにくいんじゃないでしょうか。
みんなと違うと虐められちゃうし。

花緑さんは詩人、金子みすゞさんの言葉を借りて「みんなちがって、みんないい」と言っていましたが、その通りだと思います。自分と違うもの、周りと違うものを受け入れる広い心をもった人が少なくなっちゃったんでしょうかねぇ。

現代は江戸時代よりものは豊になったけれど、心は江戸時代のほうが豊だったんじゃないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

酉の市

江戸時代から続く商売繁盛の行事、おとり様に行ってきました。Imgp7205


今年の一の酉は土曜日で行った時間も早かったせいか、人の出が少ないような気がしたのですが、鳥居に近づくにつれて、身動きがままならなくなり、止まったり動いたり規制されました。
やっぱり、こうでなくっちゃ。
活気がないと、来年も不景気なんじゃないかと、縁起が悪い。

参拝してから、いつもの福田屋さんでおかめさんを買う。
福田屋さんはいつも石原慎太郎さんが贔屓にしているらしく、毎年大きな熊手に売約済みの札が下がっている。
いつの頃からか、伸晃さんの札が下がり、良純さんも加わり、そして最後に宏高さん。石原ファミリー総揃い。

べつに、石原ファミリーが買っているからここにしているわけではなく、「福田」という縁起のいい屋号がお気に入り。
福田屋さんの猫のようにやぐらの上で札を書いているおじいちゃんも大好きなのです。

今年もよいお顔のおかめさんに巡り会えました。
ありがとう。
おかめさんは水商売の人が買っていくもんだ。と言われたのですが、毎日お顔を見て「あぁ、こういう優しい、にこやかな顔をしなければ・・・・」と自分の顔を作るんですよ。
多少の嫌なことだったら、チャラにできますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »