« 安い銀座カレー | Main | 朝は梅干し »

August 13, 2006

江戸のタバコ自販機?

さすが、浅草。キセルと刻みタバコの自販機がありました。洒落ているね。
国際ビューホテルの並びのかどのたばこ屋さんです。
キセルの隣りのいちごのタバコも気になる。
Kiseru

昨今、健康ブームのせいか、アメリカの真似か、どこに行っても禁煙になって喫煙者は肩身が狭い。
江戸初期も何度か幕府が喫煙を禁止したのだが、効き目がなかった。江戸中期には吸わない人が珍しいほどになったそうです。

そのおかげか、たばこ盆に贅を凝らした蒔絵のものをつくったり、煙草入れを工夫したり、根付は今でもコレクションする人がいるし、煙草も文化だったんですね。
浮世絵や美人画などタバコを吸っている絵が多いですよね。吉原の太夫の隣りには煙草盆とか。
ある意味、煙草は社交に欠かせないものだったんでしょうね。

ちなみに、私は煙草の煙がダメでくしゃみが止まらなくなります。
煙草を吸わないとイライラするんだったら吸ってもいいけれど、くしゃみがうるさいですよ。
嫌がらせのように出ますから。

|

« 安い銀座カレー | Main | 朝は梅干し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸のタバコ自販機?:

« 安い銀座カレー | Main | 朝は梅干し »