« バレンタイン | Main | じいちゃんのうめ »

February 27, 2006

針供養

針供養は「社日(しゃにち)に針線を止む」という中国の古いならわしがもとだったらしい。
江戸時代は女性の行事として盛んに行われ、和裁の師匠の家などでは、裁縫を習う針子たちが晴れ着姿で集まり、材料を持ち寄って五目飯(ごもくめし)を炊き、それと共に、1年間に折れた縫針(ぬいばり)を豆腐やこんにゃくに刺して神に供え、針仕事の上達と、針で怪我をしないように祈願しました。

浅草の淡島明神さんにお参りに行ってきました。いつも、ひっそりと行なわれていたと思ったのですが、着物を着た婦人会?の人たちが仕切っていて、華やいでいました。
hari1

淡島明神は、元禄年間に紀伊国の加太神社を勘請。淡島明神の俗称があるためこの堂も淡島堂と呼ばれています。
加太神社の祭神は「婆利才女(はりさいにょ)」と言う神様で「婆利」が「針」を連想させるので、針仕事の上達を祈るようになったといわれます。
また、淡島明神は、江戸時代より婦人病、性病の守護神として女性の信仰を集めたそうです。
2月8日は「事始の日」でもあって、田畑に関する作業をこの日から始めたそうです。始めがあれば、終わりもあって、12月8日が「事納め」。昔からこの両日をまとめて「事八日(ことようか)」と言い、この日は、魔物が家の中をうかがっているので、身をつつしむ日とされ、針仕事も休んだそうです。
関東では、針供養を「事始」に行い、関西では「事納め」と聞いたような気がしたのですが、どちらでもいいみたい。

|

« バレンタイン | Main | じいちゃんのうめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89126/8855198

Listed below are links to weblogs that reference 針供養:

« バレンタイン | Main | じいちゃんのうめ »