« December 2005 | Main | February 2006 »

January 28, 2006

山口県のお土産

山口と言えば『ふぐ』ですね。『ふぐパイ』と『ふぐのしやわせたまご』をもらいました。
『ふぐパイ』は想像通り、『うなぎパイ』みたいで、一応『ふぐの粉末』が入っている。しかし、ふぐは歯ごたえを楽しむもので、粉末状のものに旨みがあるのかなぁ。。。。
『ふぐのしやわせたまご』はたまご状のカステラの上をホワイトチョコでコーティング。半分に割るとなかにはカスタードが入っている。美味しかった。
yamaguchi2

山口県人なのに『ふぐ』を食べたことのない今チャンに貰いました、ありがとう。
最近、食育とかで、学校給食で県の特産品を食べたりするけれど、山口県ではふぐ刺しとかてっちりとかでるのかなぁ。
以前、高そうなふぐのお店に連れて行ってもらったとき、「どうだ、旨いだろ」と言われて「ポン酢の味がする」と答え「二度と連れて来ない」と宣言されたことがある。小学生から食べていたら、こんなことはなかも。
まぁ、子供が食べてもしょうがないっか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 22, 2006

東京の大雪

東京では、朝から雪が降り始めて半日降るという、98年以来の大雪になりました。雪による怪我人は220人。 豪雪地富山のおばちゃんが心配して電話をかけてきました。


「あんたぁ、気ぃつけられ。長靴はかられよぉ。どのくらい降ったがぁ?」

「すごい積もったよ。18センチぐらい」

「ガチャッ。プープープー・・・・・」

 切られた。 おばちゃんはどのくらい降ったと思って電話をかけてきたんだろう? 心配してくれてありがとう。

p252is0009437487.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 20, 2006

天秤座の今年の運勢

『的中率バツグン星占いQ&A』によると、今年の天秤座は「努力して進みましょう」
無理だ。年始そうそう諦めた。
私の中に「努力」「忍耐」「根性」なんて無いもん。
人間の努力なんて長続きしないと思っているしね。
だいたい、「努力」は自分の嫌いなことだったり、苦手なことをがんばるわけでしよ。長続きするわけがない。
「努力」が長続きしている人は他人が勝手に「努力」といっているだけで、本人はそのつもりはないんだよ。
だから「努力」しない「努力」をすることにした。

今年の目標 『「努力」しない「努力」をする』

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 09, 2006

試写会へGO

『THE有頂天ホテル』を見てきました。面白かった。
オープニングテロップが舞台の緞帳に役者の名前が書いてあって、一人一人、幕が上がっていって、かわいかった。さすが、舞台人。
爆笑と言うよりも、細かい笑いが最後まで続く。私が初めに笑ったのは、始まってすぐ、3秒ぐらいの時に、クスリ。ヾ(^o^ )さて、問題です。私はどこで笑ったでしょう。

話しのテンポが速く、そこかしこに隠れている笑いを探すのに夢中になってしまう、IQサプリのような映画でした。
役者さんも豪華すぎて、勿体無いような感じですね。
伊東四郎さんは昔のベンジャミン伊東を彷彿させる格好で、好きですね。いつまでもくだらない笑いを続けて欲しい。
唐沢さんはすご~~~~く嫌な人役。今までこんないやらしい下衆な役ってやったことないんじゃない?っと、思った。
篠原涼子さんは、初め判らなかった。金髪もかわいい。かわいい人役でしたね。
極めつけは筆耕係りのオダギリ・ジョー。髪型が気になっちゃって。
絶対にヅラだと思うんだけれど、本当だったらどうしよう。っと、思うぐらいおでこが広い。鬘じゃなかったら絶対にやばいよね。
善ちゃん(友達ではありません)は西田さんの頭をバシバシ叩いていて、えっ?大丈夫?芸能界の先輩をそんなに叩いちゃって「あぁ、大先生はいつもこうなの」って、また西田さんの頭をバシッ!

本当にテンポが速くって、はじめちゃんが出ていたんだけれど、気が付かなかった。髪はボサボサだし、大きなめがねをかけていたからね。事前に「医者役だよ」と聞いていたらわかったと思うんだけれど、後で、はじめちゃんだ。と、気が付いた。

セットは「キル・ビル」を手掛けた人がデザインしたそうで、ホテルの1階部分が入る巨大セットを作ったそうです。
惜しいことに、その広さが生かされていなかったかなぁ。なんって。
本館と新館が組み合わさった入り組んだ巨大ホテルって言う感じが出ていなかったかな。
空間の広がりが感じられなかったから、別に映画じゃなくってもよかったかな。ドラマとか舞台とかね。
でも、面白かったから、ヨシとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 08, 2006

液晶テレビ

新聞にドンキ・ホーテのチラシが入っていて、17型液晶テレビ¥29,800を見つける。

tv3
昨年、テレビの画面が蛍光色のきみどり、黄色、ピンク、青になってしまった。
ある日、テレビの隙間から白い光がパッと一瞬光って、焦げ臭い匂いがした。それ以来、画面に映る人の顔は蛍光黄色で唇のいろは蛍光ピンク。とても顔色がわるい。ず~っと見ていると頭が痛くなる。

年末のほうが安いか、年始の初売りのほうが安いか、悩んでいたら年を越してしまった。結局、初売りで買うしかないじゃん。

Imgp5182
朝、10時15分。ドンキー到着。速、電化製品のコーナーに。。。。無い。広告の品が見当たらない。
店員に聞いたら置いてある場所が違うとのこと。指定された場所に行っても、無い。また、店員に聞いてみる。
「あぁ、あれは台数が少ないので、出していないんです」「はぁ?・・・見せてください」
持って来てくれたけれど、中をだしてくれない。「見せてください」再度要求。
「こちらに置いてませんかねぇ・・・・・」場所を移動して、展示品を探す。さっき、ここで置いてある場所が違うといわれたんだけれど・・・・・
「ありませんねぇ」と、またカウンターにもどる。まだ、TVは箱の中「どうしますか?」どうしますかぁ、じゃないんだよ。「中を見せてください」
しぶしぶ、箱から3分の2ぐらい出して見せてくれた。
「重たいですね」と言ってすぐに箱にしまわれた。「どうします?」えっ???それだけしか、見せてくれないの???
手で持っているから重たいんだよ。全部だしてカウンターに置け!見せるとはそう言うことだ!!っと、思いながらも、もう面倒くさくなって「じゃぁ、ください」買ってしまった。
なぜ、そんなに見せたくなかったんだろう?
全体も見ず、台湾製と書いてあるだけで、どこのメーカーかもわからないTVを買ってしまった。
もしかしたら、出し惜しみをしたのは買わせるためのドンキーの作戦だったのかな。つい、いらいらして「ください!」っと言ってしまったもんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

七草粥

せり。なずな。ごぎょう。はこべら。すずな。すずしろ。ほとけのざ。
kayu

昨年は葉っぱを入れすぎて緑色の青汁粥になtってしまったので、今年は控えめに入れた。少し、桜海老も入れてみました。出汁がでるかなぁ。なんて思って。

昔は原っぱなどで摘んで春の喜びや健康を願ったんでしょうね。
    君がため 春の野に出て 若菜摘む  わが衣手に ゆきはふりつつ 
                               by光孝天皇

nanakusa
今では七草セットで鉢植えが売っています。そのまま、食べてもいいけど、育てるのもありかなぁ。野趣あふれるね。って、いわゆる雑草だから。はこべらなんて、鳥のえさにするのに昔、よく採ったよ。そこら辺に生えていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2006

今年の年賀状

クッキーの犬型で粘土を型抜きして作りました。
nennga
封書で郵送するので「薄くしても割れない」が課題だったので、弾力性のある樹脂粘土を使いました。あんまり薄いと折れちゃうかなぁ。と思って、3㎜にしたんだけれど、もう少し薄くっても大丈夫だったみたい。
色を塗る時は粘土に色を混ぜて使うと良いと書いてあったんだけれど、無視でしたら、色を塗るのが大変でした。
やはり、濃い色にする時はあらかじめ、粘土に色を混ぜてから形にした方がいいみた。

色が乾いてから、穴をあけて鎖をつけて、鎖の反対には骨の形をした粘土をつけました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

浅草みやげ

「梅園」のまめかん。揚げまんじゅう。「舟和」の芋羊羹。おせんべい。雷おこし。
いつもお土産を頂いてばかりなので、こういうときに買わなければと、悩む。
kaminari2

考えながら仲見世を歩いていたら、もう出口に差し掛かってしまい、またUタウンして戻った。

雷門近くの「評判堂」でげんこつ揚げを買いました。
パッケージが大提灯の形をしていて、いかにもそれらしい。
大それたものではなく、ちょっとしたものでサイズも小さからず、大きからず。
おみやげにはちょうどいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

浅草参拝

浅草と言えば浅草寺ですが、少し足を伸ばして千束のお酉様、鷲神社で先に商売繁盛祈願。

asakusa1浅草寺にそれから行ったので、遅くなってしまった。
暗くなってから行ったのは初めて。門が閉まる直前で、鳶のおじさんが「閉めますよッ!!」と言っている脇を潜り抜けて本堂に入りました。

真っ暗な中にライトアップされた本堂や山門は威厳があってっちょっと圧倒されました。
回りに高層ビルなど無く、街灯もない時代、山門を潜った人たちもお山の大きさに圧倒され恐れ入ったのかなぁ。と思ったりした。
asakusa3asakusa4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

ナンテン

お正月のお飾り用に南天を買いました。
中国では南天竹といわれていて、南天をそのまま音読みにして、ナンテン。
ナンテンは、難転(なんてん)、成天(なるてん)の意味になり縁起の良いので、お正月によく飾られていますね。
「難を転ずる」との語呂合わせからか、鬼門の方角などに植えている所もあるみたいです。
__imgp5205

薬として、中国からやってきたらしく、実はアルカロイドが含まれていて、神経のマヒ作用があり、ぜんそくなどの咳止めに効果があるそうです。アルカロイドは毒ですからね、鳥が食べているからと言って、食べてはいけません。
葉は解毒作用のあるチアン水素がごく微量に出ていて、これが殺菌効果があるそうです。懐石などで、お魚料理やお赤飯などに飾られていたりしますよね。
うちの方のお赤飯の箱にはナンテンの絵が書いてあります。書いてあるだけで殺菌作用があるのかなぁ。ってなわけなく、名残かなぁ。それか、お赤飯は目出度い時のものだから、語呂合わせの難転を採用したか。。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »