« November 2005 | Main | January 2006 »

December 24, 2005

犬のクリスマス

代官山のペットショップ『Pet Paradise』では、犬のサンタ服がたくさんありました。
cdog2cdog1


他にも、ダウンやスカジャン、コートなどこれから真冬に向かってのアイテムがいっぱい。はたして、自前の毛皮を持っている彼らにとって必要かどうかは不明。
デズニ―の洋服はここが一番揃うんじゃないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

シャネルのクリスマス・ツリー

今年のテーマは『CHANEL №5』銀座ソニースクエア―に巨大香水ボトルが登場。chanel1
全長4.5mだって。さすが、おしゃね!ツリーのオーナメントもボトル型のライトやクリスタルの№5ペンダント。何てステキなんでしょう。ほしい~~~っ。売っているのかなぁ。
使われたイルミネーションは8500個。さすが!!
12月25日まで飾られているそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2005

アニヴェルセルのクリスマスパーティー

アニヴェルセルのお料理は美味しいと評判だそうです。うまい!!!o

o3

o2

o1

ブタさんはフォアグラです。
白身のお魚(たぶんスズキ?)グリルと白インゲンはお気に入りでした。お米とフルーツを一緒に炒めた、サラダっぽいのも美味しかった。日本人にはご飯にフルーツを合わせるのは抵抗あるかも知れないけれど、食べず嫌いは損。フルーツ炒めもあまずっぱっくって、生よりまろやかな気がした。大好きなブリュレも甘さ控えめで、うまい!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2005

アニヴェルセルのクリスマスパーティー

D-QUESTが表参道にあるアニヴェルセルのクリスマスパーティーでライブをしました。
d-q7
今回、参加したのは井上肇(Vo)、荒井みのり(Vo)、三浦鯉登(Vo、Key)、スペシャルゲストにおかまのうさぎ。
IT関係、旅行代理店、ファッション関係の社長、・・・主催者、TVで見たことのある・・・・かおるこさん。。。。普段、そうそう接しない皆様の集まりでした。
セレブな方たちの集まりだけあって?迫力あるおかまのうさぎを普通に受け止めていました。
さすがセレブ。ちょっとやそこらでは驚かない。
スタッフの中には本当に女性だと思っていた人もいました。確かにうさぎに似たはでメイクのおばさまもいらしたけれど。。。。

d-q8
ジャズ系のクリスマスソングと「ラスト・ナイト・ブギ」でやった「ドンペリ」、大須賀ひできさんが作った「雪のように」などなどを熱唱。
「雪のように」では皆さんで振りをしました。「雪のように 白い心で まだ見ぬ人と めぐり合いたい」をいつも手話で観客の人たちとやるのですが、さすがセレブ。ファンの人たちよりも参加率が高かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2005

うまちゃんのクリスマスツリー

動物公園で拾ってきた松ぼっくりに、3cmぐらいに切ったモールを差し込みました。matu 製作者はうまちゃん(♀3歳8ヶ月) かわいく上手に出来ました。色の配色が実に素晴らしい。うちの子、天才!!! ばかとはわかりつつ、褒めまくり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

avexのクリスマスツリー

青山のavexビル前で『AAA(トリプルA)』のライブをやっていました。
トリプル・エーと読めなかった私ですが、曲を聞いたら、「あぁ、、、聞いたことある」
avex

たぶん、タイトルは「きれいな空」TVの番組のエンディングテーマ―曲だったと思う。
デビュー前にここで路上ライブをやったそうです。それが9月。で、もうタイアップですかぁ。さすがavex。
大人数の子供達のグループで、絶対におばさんのわたしにはメンバーを覚えられない。

avex1クリスマスのイベントで25日までいろんなアーティストがやるそうです。
ツリーを見るだけでも楽しいですよ。一番上に輝く星はビルよりも高い。さすがavex。

全体が白、緑、青色に変わって雰囲気の違ったツリーを楽しめました。
また、シートを通してツリーを見ると、光がスマイルやハートに見えるサンタマスクをavexのスタッフの人が配っていました。
これがまた、ビミョウでついつい見入ってしまうサンタさんなのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

熟年離婚なんのその

長塚京三さんと風吹ジュンさんの『60歳のラブレター』を大久保のグローブ座で見てきました。
ここは円形の建物の中に作られたこじんまりした劇場で、好きだったんだけれど、ジャニーズ事務所が買ってからは初めて。ジャニーズ独占かと思ったので。
『60歳』と言うだけあって、若い人は少なかったです。

60
あと1週間で閉館する映画館の主人が長塚さんで、父親は痴呆症、奥さんは事故で1年前に他界。
喧嘩をして、出て行った奥さんがが交通事故に合ってしまったため、心のわだかまりがずーっと残っていて、1周忌も出来ないでいる。
映画館を出て行った奥さんが投函したはがきが事故後に届く。最後のラブレター。
長塚さんに泣かせれたよぉ。

演出は平山秀行さん。映画監督だけあって、奥さんと付き合い始めた大学生のころの回想で昔の映画タイトルがたくさん出てくる。懐かしい人も多かったんじゃないかなぁ。
セットもこだわっている。田舎の古い映画館で扉の縁がペパーミントの鉄で出来ていて、フロア―にはしみがある赤絨緞。無意味にある2段ぐらいの階段。バリアリーフの今の時代では考えられない。好きだけれどね。

うちの両親は設定より少し年上だけれど、デートはやはり、映画。しかも時代劇か西部劇。あのころマカロニウエスタンが流行っていたんだって。
父は何回も同じ映画を見ているから、寝ているか、解説するかでうるさくって。って、母が嬉しそうに話してくれたことを思い出した。
「離婚したらお母さんの所に来るのよ!!」夫婦喧嘩のたびに言っていたけれど、今では二人手を繋いでお弁当を持ってハイキング。
夫婦ってわからん。

ちなみに夫婦喧嘩をして出て行くのはお父さん。妹が公園に迎えに行っていた。
普段はちゃぶ台をひっくり返す、棟梁なんだけれど。。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 02, 2005

ドイツ餃子

浜松町の居酒屋『呑父(どんぱぱ)』のメニュー看板にドイツ餃子を発見。招集をかけて、早々忘年会。
テーマは「友達が出来ないんだよねぇ」
問題のドイツ餃子の正体は。。。
p252is0007078157.jpg

腸に餃子の具を詰めたものでした。チャンチャン。。doitu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »